読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

夏の終わりの時間割 (講談社文庫)

夏の終わりの時間割 (講談社文庫)

夏の終わりの時間割 (講談社文庫)

作家
長岡弘樹
出版社
講談社
発売日
2021-07-15
ISBN
9784065236833
amazonで購入する Kindle版を購入する

夏の終わりの時間割 (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

三代目けんこと

「夏の終わりの時間割」と「空目虫」に一票。

2021/07/18

カブ

表題作「夏の終わりの時間割」など6編の短編集。気軽に手に取ったが、どれもやるせなくそれでも優しい。ひとは誰でも人には言えない、想いだったり悲しみだったりを抱えている。

2021/07/30

mayu

『救済 SAVE』の改題・文庫化。読み始めから薄暗い雲が一面に立ち込めて、なにかが起きるという予感が広がる。先が気になって一話読み始めたら、最後まで読み終わらないといられなかった。6編の短編は短編なのに読み応えがあり、想像していたのとは違うラストに「おぉ…」となった。切なくなる話も多い。表題の『夏の終わりの時間割』が1番好きだった。

2021/07/22

時代

抜群の安定感。短編だがしっかり構成されていて読み応えあり。今回も長岡弘樹氏の術中にまんまとハマってしまいました。ありがとうございます◯

2021/07/23

しばこ

短い中にぎゅっと中身が詰まった話ばかり。ミステリーもあるけど、先が気になる話の結末に雨の後に現れる晴れ間のような感じを受けたものなど。

2021/07/30

感想・レビューをもっと見る