読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

はたらく血小板ちゃん(4) (シリウスKC)

はたらく血小板ちゃん(4) (シリウスKC)

はたらく血小板ちゃん(4) (シリウスKC)

作家
ヤス
柿原優子
清水茜
出版社
講談社
発売日
2021-06-09
ISBN
9784065237045
amazonで購入する Kindle版を購入する

はたらく血小板ちゃん(4) (シリウスKC) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Yasuhiro Kamada

細胞たちもたまには横道にそれたり、癒しを求めたり、成長のために心を鬼にしたり、いろいろありますよね。 ということでシリーズ中可愛らしさのお仕事観察に終始した血小板ちゃんも完結!

2021/06/16

ムーミン2号

どうってことない日常を四分割の紙面で描いてきたこの作品も、この第4巻で終了ということになった。一所懸命頑張っている小さい子たちを可愛いと思いながら見守る気持ちで読んできたような気がする。最後は見習の二人が先輩たちの力を借りずに止血工事をする様子が描かれているのだけど、それは遠足で迷子になっちゃった時、という設定。どの話も設定の妙というのがあるように感じる。「はたらく細胞」スピンオフの中では癒し系の楽しい作品。

2021/06/14

感想・レビューをもっと見る