読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

余命一年、男をかう

余命一年、男をかう

余命一年、男をかう

作家
吉川トリコ
出版社
講談社
発売日
2021-07-16
ISBN
9784065238141
amazonで購入する Kindle版を購入する

余命一年、男をかう / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

まこみや

内田樹氏によれば、社会を維持するための三つの交換(貨幣によるモノの交換、言語による情報の交換、婚姻による遺伝子の交換)があるという。本書の特異さは、根源的なこの三つの交換がいずれも常識と反措定されていることである。余命宣告を受けた女はショックではなく安堵感に包まれる。女が買い男が買われる。女が稼ぎ男が料理する。女は言葉を閉じ男は有る事無い事言葉にする。状況と人物を逆転させ、余命難病を逆手に取った、現代における愛と結婚を巡る強かな物語だ。さらにコミカルで軽薄さを衒った文章も愛の欺罔を見事に剥ぎ取っている。

2022/02/05

うっちー

女のためのR18受賞者らしい作品でした

2021/08/10

おしゃべりメガネ

R18文学賞『しゃぼん』を読んで以来、約11年ぶりに読んだ吉川さん作品。40歳の地味なOL「唯」が何気に受けたがん検診で、余命1年のがんを宣告される。たまたまそこに居合わせたイケメンホスト、ピンクの髪の「瀬名」とゆきずりの`契約`をかわすことに。とにかく現実的、合理的な彼女と楽観主義まっしぐらな彼との関係性が不思議と読み心地が良かったです。余命モノなんて、シリアスな雰囲気はありますが終始どんよりしてるワケではないので、あまり重くは感じるコトはなかったです。後半のホスト目線の話が意外に面白かったですね。

2022/01/10

のぶ

異色の闘病と言うか、闘病しない小説だった。主人公の片倉唯は40歳。がん検診で子宮がんが発覚し、余命宣告まで受けてしまう。医師は早めの手術を勧めるも、唯はどこかほっとしていた。これから先は好きな事をやってやるんだと治療を拒否し、病院の会計待ちをしていた、ピンク頭のホストらしい男、リューマが現れ、金をせびられる。それから二人の奇妙な関係が始まる。病気を扱った作品は多いが、本作は作中で病気の事が出てくることはない。自らの死に直面した時の一つの生き方だろうが、ハッピー余命ものとして考えさせられた。

2021/07/29

まちゃ

なかなかインパクトのあるタイトル。貯金と節約が趣味で結婚願望もない片倉唯、40歳。たまたま受けたがん検診でかなり進行した子宮がんを宣告される。病院の会計待ちをしていた唯にピンク頭の男・瀬名吉高が唐突に借金を申し込む。そこから始まる、唯とピンク頭の奇妙な関係。唯のような考え方の女性もいるのかも、と思わせるストーリーで興味深く読めました。いろいろあったが、前向きなラストで一安心。映像化向きの作品だと思います。

2021/10/03

感想・レビューをもっと見る