読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ネメシス6 (講談社タイガ)

ネメシス6 (講談社タイガ)

ネメシス6 (講談社タイガ)

作家
青崎有吾
松澤 くれは
出版社
講談社
発売日
2021-06-15
ISBN
9784065238202
amazonで購入する Kindle版を購入する

「ネメシス6 (講談社タイガ)」の関連記事

【最新話レポ】広瀬すずを救うため全員集合! ドラマ『ネメシス』第9話、一堂に会した“協力者”たちに視聴者大盛り上がり

『ネメシス』6巻(著:青崎有吾、松澤くれは/講談社)

※この記事は最新話の内容を含みます。ご了承の上お読みください。  2021年6月6日(日)に放送されたドラマ『ネメシス』第9話。拉致された美神アンナ(広瀬すず)を救うべく「探偵事務所ネメシス」の協力者が一堂に会し、「めちゃくちゃ燃える展開!」と視聴者を興奮させたようだ。

 前回のエピソードで、風真尚希(櫻井翔)と栗田一秋(江口洋介)が長年追い続ける“菅研究所(カンケン)”に捕らえられたアンナ。風真もカンケンの手先・志葉(板橋駿谷)の襲撃に遭い、ゴミ置き場で気を失ってしまう…。  栗田に起こされた風真だが、彼の推理力では事件を解決する糸口が掴めない。そんな窮地を打破すべく集結したのが、あぶな過ぎる刑事ことタカ(勝地涼)&ユージ(中村蒼)やスピード狂の医師・上原黄以子(大島優子)、孤高の道具屋・星憲章(上田竜也)たち。これまで探偵事務所が関わった事件で、風真をサポートしてきたメンバーだ。  まずはマジシャンの緋邑晶(南野陽子)が老婆に変装し、自動車を追跡する“Nシステム管理室”のカードキーを警察官か…

2021/6/13

全文を読む

【最新話レポ】「こんな怖い環奈ちゃん初めて見た」広瀬すずの親友・橋本環奈に隠されていた衝撃的事実に視聴者騒然!/ドラマ『ネメシス』第8話

『ネメシス』6巻(著:青崎有吾、松澤くれは/講談社)

※この記事は最新話の内容を含みます。ご了承の上お読みください。  2021年5月30日(日)に放送されたドラマ『ネメシス』第8話。四葉朋美(橋本環奈)の驚くべき“正体”が判明し、「こんな怖い環奈ちゃん初めて見た!」と視聴者を震え上がらせたようだ。

 今回のエピソードでは、栗田一秋(江口洋介)と風真尚希(櫻井翔)が長年追い続けていた“菅研究所(カンケン)”にまつわる事件が急展開を迎えることに。前話で美神アンナ(広瀬すず)が世界初の“ゲノム編集ベイビー”だと判明しており、事件に関する辛い真実を知ったアンナは「探偵事務所ネメシス」を飛び出してしまう。  アンナは親友の朋美とともに水族館へ身を潜めたものの、朋美に真実を伝えられるはずもない。すると朋美の態度が一変。急に笑い声を上げたかと思うと、「天才的な閃き力にインドの古武術をマスターして格闘技もでき、冬の日本に来ても風邪はひかない。おまけに顔も可愛い。それだけ完璧にいろいろ揃ってるのに何が不満なんですか」と冷たく言い放つ。  困惑するアンナに対し、朋美…

2021/6/6

全文を読む

関連記事をもっと見る

ネメシス6 (講談社タイガ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

麦ちゃんの下僕

青崎有吾さんによるドラマ第7話原作の「カジノ・イリーガル」&松澤くれはさんによるスピンオフ「ショーマストゴーオン!」の2本立て。青崎さんの方は、期待値が高すぎたせいか思ったほどの満足感は得られず、残念…そもそもカジノが舞台という時点で僕の好みではありませんから、仕方ないんですけどね(苦笑) そして今回も、僕はスピンオフの方が楽しめました。筋書きが狂ってしまった舞台劇をどう“終幕”させるのか!?さすがは演劇脚本家の松澤さん、スリリングな展開が実に面白かったです!小説版はこれで一段落ですが、続刊予定だとか!?

2021/07/10

雪紫

「下手したらネメシス、ドラマになった内容よりスピンオフが面白い説」チームネメシス最後の1人、緋邑晶登場・・・彼女と風真との関係といい登場人物と話の骨格以外話変わってるが(4巻ほどじゃない)、こっちの方がはらはらしてしまった。てか、松澤くれはさんスピンオフだったんかい(しかもフジコや果実の舞台に関わってた!?)!いやいや、ドラマのネメシスコメディ寄りだから明らかにこれも実写化した方が良いやつ!! ・・・なお、以下続刊予定とのこと。小説はどう決着を付けるのか気になる。

2021/06/15

さっちゃん

6作目はドラマ第7話とスピンオフ。ドラマ7話のカジノの話はテレビと小説では少し違うけれど、どちらも楽しめるからいいかな。風真の「やってたシリーズ」では執事経験が明かされて思わずにんまり(*´艸`*)。うん、やってたね(笑)! 今回はスマホのパスワード当て勝負に青崎さんらしさが出ていて良かった。ドラマは終わってしまったけれど、小説はまだ続く模様。

2021/06/17

うまる

シリーズ6冊目。1話目は開演したら止まることができない舞台上での事件。即興劇とシリーズらしいコメディとが絡み合っていてとても面白かったです。これがドラマ化しないなんて残念だなぁ。2話目の本編もつまんない訳じゃないけど、完全に松澤さんの方に喰われちゃってる…。これまで通り1話目本編、2話目スピンオフの方が良かったのでは。最後にシリーズ1冊目の伏線が出てきて繋がっている所には感心しました。 これで小説版は終わりなんでしょうか。ドラマとは違う話でも良いから、そのうち完結編を出してほしいです。

2021/07/26

キナコ

一気に黒幕に手が延びようとした作品。舞台上でのやりとりが面白かった。そして新たな仲間登場。本当に風間さんの友人関係が気になる… アンナの戦闘シーンもカッコよかった。ただ後半はちょっと駆け足になった感じがしたかな。そして6巻で完結ではないのね…!あれかな、黒幕の正体はドラマでってことかなぁ。小説版もみたかったんだが…ここまできたなら最後まで小説で閉めて欲しかった。

2022/01/11

感想・レビューをもっと見る