読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

アイドルホース列伝 1970-2021 (星海社新書)

アイドルホース列伝 1970-2021 (星海社新書)

アイドルホース列伝 1970-2021 (星海社新書)

作家
小川 隆行
一瀬 恵菜
鴨井 喜徳
久保木 正則
後藤 豊
所 誠
榊 俊介
広中 克生
福嶌 弘
三木 俊幸
宮崎 あけみ
吉川良
和田 章郎
出版社
星海社
発売日
2021-06-25
ISBN
9784065239261
amazonで購入する Kindle版を購入する

アイドルホース列伝 1970-2021 (星海社新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

サケ太

競馬の回顧録といった印象。戦績や血統などは見てて面白い。かつて数回競馬をやったが、ウマ娘で再燃。かつての馬を調べるのは面白いが、実際にその時代を生きた人々の、馬、競馬の思い出は血が通っているように思う。しかし、101頭は多い。古くはハイセイコーからソダシまで。色々なドラマを背負った競走馬たち。本当に深い世界だ。

2021/06/25

へい

個人的には馬券の勝ち負けはどうでもよかったのだけれどそんなことはどうでもよくどの馬もそれぞれドラマがあり、けっこう長期間競馬のブランクがあったてため知らない馬の話題を読むことができた。ダイワスカーレットとウォッカの話をもっと深堀りしてほしかったけれど続刊の伝説の名勝負シリーズのどこかで恐らく登場するだろうから、それまでシリーズを読んでいこうと思う。あとは現在コントレイル、デアリングタクト、グランアレグリア、ソダシとまだウマ娘には出ない競走馬の活躍が楽しいのでとりあえずはゲームよりも競馬自体を楽しみたいな。

2021/07/29

Yanabod

1970年代以降の名馬をライターさんの記憶を交えながらコラムっぽくお話しする内容。「ウマ娘」あたりから競馬が気になった人には読みやすく、入門編としてはいい本だと思います。

2021/07/23

Sleipnirie

70年代のハイセイコーから現在活躍中のソダシまで競走馬との思い出を競馬ファンたちが語る。解説に数ページついやし全レース成績と血統を載せてるのが何頭か続いたあと、1ページだけの馬のコーナー。ときどき勝った負けたに終始して馬のことを言わない自分語りがあるのはなぜか。

2021/07/02

tban

ウマ娘もいいけど、思い出はもっと鮮明。 オグリキャップに興奮し、イナリワンやタマモクロス。 メジロアルダン、メジロマックィーンに熱狂したあの季節が 思い出されます。ファンとして、馬券を買っていた方々による 各馬の紹介とレースなどの思い出、全成績などいくら見ても飽きません。 紹介されている馬は101頭、ほとんどの馬にそれなりの思い出が。 楽しい、いい本です。

2021/06/25

感想・レビューをもっと見る