読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

怪盗クイーン 煉獄金貨と失われた城 (講談社青い鳥文庫)

怪盗クイーン 煉獄金貨と失われた城 (講談社青い鳥文庫)

怪盗クイーン 煉獄金貨と失われた城 (講談社青い鳥文庫)

作家
はやみねかおる
K2商会
出版社
講談社
発売日
2021-07-14
ISBN
9784065239681
amazonで購入する Kindle版を購入する

怪盗クイーン 煉獄金貨と失われた城 (講談社青い鳥文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ほたる

ついにあの能力を持った新たな探偵卿に対してクイーンが挑む。これからも長いこと戦うことになりそうだ。収容所のメンバーが読んでいて微笑ましかった。嵐の前の静けさみたいな感じの一冊で、考えさせられるところも多い。アニメ化決定で楽しみ。

2021/07/13

沙織

劇場アニメ化おめでとうございます!いつ読んでも楽しいシリーズで大好きです。 ヤウズ君の成長が見られて嬉しい。収容所出身組のシーンが好き。 新登場の探偵卿ラロさん。某セリフから別シリーズの眼鏡女子を連想していたら後書きで納得。クイーンシリーズにもついに出てきたかと今後が楽しみ。

2021/08/15

本とフルート

ラストシーンの美しさが格別。ようやくまともな探偵卿が出てきた、とラロの登場に安心してしまったが、そもそも探偵の定義を狂わされているのかもしれない。ジョーカーとヤウズ、そしてシドが和気あいあいと会話しているのもなんだかほっとした。三人とも苦労性で、クイーンと皇帝とネア相手にそれぞれ奮闘しているが、がんばってほしい。

2021/07/13

梨。

怪盗クイーン最新作の舞台はスペイン。今回の獲物もまたいわくつきの代物。クイーンが狙うものとなるともうちょっとやそっとのものじゃ話にならないのはわかってるけど、本当にあったら恐ろしいものばかりになってきてるな。ジョーカーとヤウズとシドの3人揃い踏みシーンが個人的に嬉しいポイントだった。

ネズミ

★★★★☆

2021/08/10

感想・レビューをもっと見る