読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

賭博堕天録カイジ 24億脱出編(12) (ヤンマガKCスペシャル)

賭博堕天録カイジ 24億脱出編(12) (ヤンマガKCスペシャル)

賭博堕天録カイジ 24億脱出編(12) (ヤンマガKCスペシャル)

作家
福本伸行
出版社
講談社
発売日
2021-07-06
ISBN
9784065239872
amazonで購入する Kindle版を購入する

賭博堕天録カイジ 24億脱出編(12) (ヤンマガKCスペシャル) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぐうぐう

キャンピングカーで逃げているカイジ達。街中の駐車場にキャンピングカーがずっと停まっている状況は、どうしても目立つ。日常の中に非日常が存在しているからだ。ならば、いっそのことキャンプ場に行けばどうだ。そこは非日常だ。非日常な車が非日常な場所にあるのは当然しごく。まるで目立たない。しかしカイジ達は侮っていた。非日常な空間は、人を浮かれさせると言うことを。非日常は饒舌さを招き、そこにアルコールが加わることで舌はさらに滑っていく。綻びは、やっと勝ち取った安心の中でこそ起こる。

2021/07/15

チューリップ

キャンプ場に一晩泊まったカイジたちがそこで出会ったおじさん2人組と酒を飲んで酔っ払いまくるという巻。24億のシリーズに入ってから緊張感よりもギャグによってしまっていて本筋が進んでない印象。後でおじさんたちが帝愛に尋問されてカイジたちの事を話してしまうかカイジに渡した連絡先が今後の何かに繋がるのかは気になる。あそこまで酔っ払うのは迂闊だなあと思った。運転手もしているしチャンが一番苦労してそうだ。

2021/10/10

2 新刊読了。前巻の遠藤バーベキュー回に続いて、今度はカイジチームのバーベキュー回。マジで、一応楽しみにして新刊買って、ここまで内容がないとガックリ来るな。何一つ話が進んでなくて、丸々読まなくても何ら影響がない。無の巻。こういうのが好きな人も中にはいるのかもしれないが、多くの読者が「カイジ」に求めているのはこういうものではないと思う。ゆるギャグは幕間の数ページとか、スピンオフで十分。ネタが無くてこれだったら…正直、休載して構想練ってくれた方がマシかも。喧嘩稼業みたいになって欲しくはないが…難しいところだ。

2021/09/25

Mr.deep

惰性でついうっかり買ってしまいましたが、これは過去の栄光を汚すだけのゴミです

2021/07/09

池野恋太郎

内容がカラッポ。物語を書く気がないなら終わらせてほしい。

2022/02/21

感想・レビューをもっと見る