読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

オカルトちゃんは語れない(6) (ヤンマガKCスペシャル)

オカルトちゃんは語れない(6) (ヤンマガKCスペシャル)

オカルトちゃんは語れない(6) (ヤンマガKCスペシャル)

作家
ペトス
橋本カヱ
本多創
出版社
講談社
発売日
2021-07-19
ISBN
9784065239919
amazonで購入する Kindle版を購入する

オカルトちゃんは語れない(6) (ヤンマガKCスペシャル) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

北白川にゃんこ

本編より気合いが入ってる気がするオカルトちゃん!巻数まで超えそう!毎回予想外の伝承からデミを考えるなあ。

2021/07/23

みやしん

本編の続刊が出にくくなった代わりにこちらの巻数が延びていく逆転現象。なんとなくハートフルな展開にはなっているけど、学者達の推論ありきで物語が進んでいくから、小難しい講義を聞いているようで退屈。以前の岡山ネタは随分コアなところを突いたなと思っていたが、どうやらかなりのどローカルみたいだ。

2021/07/24

毎日が日曜日

★★★★ 紫ばばっていうがいるのか? 空間干渉系の亜人の危険性。

2021/07/23

遊鵺(ゆうや)

前巻で外に連れ出されたざし子ちゃんの顛末。からの現れた亜人課の警察官で次巻へ。気になる…

2021/07/20

niz001

とりあえず悪い奴じゃなくて一安心。心配だよなぁ。

2021/07/19

感想・レビューをもっと見る