読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

天国大魔境(6) (アフタヌーンKC)

天国大魔境(6) (アフタヌーンKC)

天国大魔境(6) (アフタヌーンKC)

作家
石黒正数
出版社
講談社
発売日
2021-07-21
ISBN
9784065240496
amazonで購入する Kindle版を購入する

天国大魔境(6) (アフタヌーンKC) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

JACK

☆ 廃墟となった日本で「天国」と呼ばれる場所を探すマルとキルコ。キルコはずっと探してきた男と再会を果たす。一方、高原学園と呼ばれる壁に囲まれた施設で生活する子どもたちは詳細が明かされない「テスト」に挑む事に。別々に描かれてきた2つの物語が少しずつ繋がっていく。さり気なく重要な事実が明かされた事でなんとなく全体像が見えてきました。重苦しい展開が続きますが、これから先の物語が気になって仕方が無い作品です。

2021/07/22

タコはっちゃん

大濾過装置での事件と逃走、高原学園での試験と外の世界。謎は深まるばかり!!

2021/07/21

失楽園に見えるからには、赤ん坊のどっちかが〇〇で…と連想してしまうのだが、殊更に関連をぼやかしているからには、天国の方が先で…というのは作者の印象操作を、まだ疑わなければ。ろ過場も束の間の地であった2人の方も気になるが、取り敢えずは子供たちと赤ん坊の行く末が急務か?

2021/07/25

毎日が日曜日

★★★

2021/07/22

ソラ

まだまだ謎が多い…

2021/07/24

感想・レビューをもっと見る