読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

七つ屋志のぶの宝石匣(14) (KC KISS)

七つ屋志のぶの宝石匣(14) (KC KISS)

七つ屋志のぶの宝石匣(14) (KC KISS)

作家
二ノ宮知子
出版社
講談社
発売日
2021-07-13
ISBN
9784065242469
amazonで購入する Kindle版を購入する

七つ屋志のぶの宝石匣(14) (KC KISS) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ツン

読み友さんの投稿を見て知りました。講談社のマンガのバーコードって、ビニールの包装の方についていたんですね。。最後の話を読んで、人間、一人でできることなんて限界があるから、信長目指すより、頼り上手になるというのも正解な気もしました。

2021/07/22

れみ

4月は質屋は駆け込み需要で忙しい。というところからスタートのこの巻。年末年始の悲喜交々もそうだけど、質屋さんのことをあまり知らないので、ほほう…となる。知らないと言えば、今回出てきたモーニングジュエリーも初めてちゃんと知った。というか、芙美子(鷹臣の姉)の結婚話で義父になる人が何か知ってそうな感じは前からあったけど、これは「知ってそう」というレベルではないかも。そして、顕定たちが探す“赤い石”じゃないかもしれないけど、顕定が持たされてた“お守り”と関係ありそう?というものが出てきたかも…。続きが気になる。

2021/08/14

くりり

身近なところに合成ダイヤ、友人の結婚式をドタキャンして乃和のところ駆けつける顕定、ふらふらぁ...

2021/12/02

wata

顕、何やってんだろう。駄目だこりゃ( ˘_˘)

るぴん

レンタル。顕ちゃん…!友達の結婚式をドタキャンしてまで乃和の元へ駆け付けちゃう⁈友人以上の想いがあるってことなのかなぁ。合成ダイヤの関係者が鷹の身近にも。鷹さん、結構大胆!

2021/08/30

感想・レビューをもっと見る