読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

宝島(上) (講談社文庫)

宝島(上) (講談社文庫)

宝島(上) (講談社文庫)

作家
真藤順丈
出版社
講談社
発売日
2021-07-15
ISBN
9784065243732
amazonで購入する Kindle版を購入する

宝島(上) (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ふう

戦後間もなくの沖縄。今以上に海は美しく、空も澄んでいたはず。でも、この物語から立ち上ってくるのは血と汗と涙の匂いばかりでした。フィクションですが、戦争で島民を殺された悲しみとアメリカ統治下での米兵の横暴なふるまいへの怒りは、いく度か目にした報道と同じでした。日本政府からも見捨てられたような沖縄で、故郷を守るために戦い、生き抜いた幼馴染3人。その3人の心と体に襲い掛かる暴力のすざましさに息が止まるような思いでした。

2021/08/28

サンダーバード@怪しいグルメ探検隊・隊鳥

真藤さん、お初でした。戦後、アメリカに占有された沖縄。米軍基地襲撃の夜行方不明となった兄貴分。それぞれの道を進みながらも彼を探す幼馴染の三人。混沌とした当時の沖縄の描写、実際にこのような状況だったのだろうか?タイトルの示す「宝島」の意味は?いざ、後半へ。

2021/09/24

ちゃとら

【図書館本】思ったよりも早く回ってきて驚いた。戦中戦後の沖縄の若者達。暴力感満載。下巻に続く。

2021/10/03

翔亀

【物語13】真藤順丈13冊目。かつ【沖縄3】だ。アメリカ占領下沖縄が舞台ということだけでなく、沖縄社会史の史実にかなり忠実。真藤版沖縄現代史と言ってしまおう。デビュー以来この作家が追求してきた現代において<やみくもに足掻くエネルギーの凄さ>が、占領下沖縄という絶好の舞台を得た。沖縄戦の廃墟の中で米軍基地から物資を盗んで住民へ配る「戦果アギヤー」から始まり、沖縄人民党・瀬長亀次郎や那覇派・又吉世喜(沖縄ヤクザの始祖ですね)、高等弁務官・キャラウェイ(米統治下で最も強権発動)といった面々を配し、↓

2021/10/17

tomoko

戦後の米軍統治下の沖縄が舞台。戦争でたくさんの命が奪われ、戦後も基地問題、米兵の犯罪など、島の住民の憤りはあふれるばかりだが何もできない。米軍から物資を盗み住民に分けていたグループは『戦果アギヤー』と呼ばれ、その中心人物のオンちゃんは島の英雄だった。消息不明のオンちゃんの身に何があったのかは下巻で語られるのかな。同志3人の行く末も気になるところ。

2021/09/09

感想・レビューをもっと見る