読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

宝島(下) (講談社文庫)

宝島(下) (講談社文庫)

宝島(下) (講談社文庫)

作家
真藤順丈
出版社
講談社
発売日
2021-07-15
ISBN
9784065243749
amazonで購入する Kindle版を購入する

宝島(下) (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ふう

1972年、沖縄はアメリカの統治下から離れ、本土復帰を果たしました。でもそれは沖縄の人々が望んだ「核と基地のない沖縄」ではありませんでした。復帰に至るまでの激しい闘争に関わった幼馴染3人の苦悩。(上)と同じで彼らに襲い掛かる暴力のすざましさに、フィクションでもこれは多分事実だと思いました。これ以上だったかもしれません。苦悩の果てに3人が知った、彼らの英雄が守り抜いたもの。物語のタイトルが意味するものは、その英雄の心なのか、英雄が守り抜いたものなのか…。わたしにとっては、沖縄の歴史や自然、沖縄の全部ですが。

2021/08/28

サンダーバード@怪しいグルメ探検隊・隊鳥

基地襲撃の夜に消えた彼らの英雄オンちゃんの行方は?彼らが持ち出したされる「予定外の戦果」の真相は?ミステリーの要素も含みながらグスク、ヤマコ、レイ三人の若者達の青春の物語であり、戦後から沖縄返還までの激動の沖縄とそこに暮らす人々を描く熱い物語であった。★★★+

2021/09/26

翔亀

【沖縄4】(上巻の感想から続く)沖縄現代史の原点は沖縄戦であり、沖縄の今も基地問題抜きでは何も語れない。本書の物語は1952年の嘉手納基地の「戦果アギヤー」で始まり、1972年の本土復帰で一旦幕を閉じる。本土復帰しても何も変わらないことが判っていたからだ。この間、日本人はほとんど登場しないのが象徴的だ。日本人にとって沖縄は自分の都合で利用しかしない現代史だったからだ。「この島の人たちはみんな、理不尽な運命にあらがう処世術を、身のよじれるような悲嘆や憎悪からの自衛手段を教えられて、いまもそれを次の世代↓

2021/10/18

tomoko

下巻では沖縄返還を迎え、戦果アギヤーの英雄・オンちゃんが手にした「予定にない戦果」が何だったかも明かされる。戦争が遺した悲しい歴史、住民の絶望感は計り知れない。フィクションではあるが、実際に起こったことも多いと思う。文章中には方言が多く使われていて、沖縄の美しい海や空気を感じながら、切ない気持ちで本を閉じた。

2021/09/09

Junichi Yamaguchi

『故郷の声』… ノンフィクションの母体にばら撒いたフィクションの絶妙さ。「平和を見たい」と願った子供たちの多くが、永遠に子供のまま。 沖縄の方言には、どこかホッとさせる感がある。 その代表格が「なんくるないさぁ」になるのかな⁈ この作品を読んだ後は、簡単に言えなくなりそうだ。。

2021/08/19

感想・レビューをもっと見る