読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

まっくろ (講談社の創作絵本)

まっくろ (講談社の創作絵本)

まっくろ (講談社の創作絵本)

作家
高崎卓馬
黒井健
出版社
講談社
発売日
2021-09-24
ISBN
9784065247341
amazonで購入する Kindle版を購入する

まっくろ (講談社の創作絵本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

あすなろ

男の子は真っ黒な絵しか描かない。描き続ける。皆咎める。でも、それで最後に出来たものは?よく、幼い子の絵の内容や色遣いを咎めてはならずと聴く。僕も放置している。自由奔放な彼等の方が普通で常識的な図柄や色遣いを念頭にしている我々大人の方が小さな小さな枠に陥ってしまっている事に気がつく。この子の出来上がった絵を見て上げて下さいね。

2021/11/14

びわこっこ

土曜日の午前中に子どもさん対象の読み聞かせを、午後からは大人が絵本を楽しむ時間を作ろうと、読み聞かせで絵本を紹介している。これは、大人に読んでほしい本として選書した。画用紙をまっくろに塗り続けることを注意して咎めた大人を批判するためではなく、自分が「木を見て森を見ず」になっていないかに気付いてもらうために。そして、周りから何を言われようが黙々と描き続けた姿勢に。最後のに🐋くじらが「この世界に ぼくをつれてきてくれて ありがとう」という意味を、大人として考えてみてほしい。

2021/11/17

絵を描く授業で、ひたすら黒く塗りつぶす作業をしている子供。周囲は心配の眼差し。出来上がった絵は、まさに天才だと思いました。大人にはこの発想はできないな。この子の将来が楽しみです。

2021/11/07

ベーグルグル (感想、本登録のみ)

「こころにうかんだことをかいてみよう」と先生に言われ、書きだした子供達。主人公の少年は画用紙を真っ黒に塗りつぶしていく。学校でも家でもその後もずっと・・。戸惑う大人や周囲の人々。本の中の大人たちを同じように少し不安になったが途中で理解が出来た。子供の可能性、想像力を奪ってはいけない。辛抱強く見守るのも必要だと感じた。

2022/01/04

とよぽん

あぁ、そうか。子どもを、信じて待つこと。否定しないで見守ること。そんなことを思い出させてくれた絵本。作者の高崎さん、何と優れた創造性の持ち主!

2022/01/09

感想・レビューをもっと見る