読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

1日外出録ハンチョウ(12) (ヤンマガKCスペシャル)

1日外出録ハンチョウ(12) (ヤンマガKCスペシャル)

1日外出録ハンチョウ(12) (ヤンマガKCスペシャル)

作家
上原求
新井和也
福本伸行
萩原天晴
出版社
講談社
発売日
2021-09-06
ISBN
9784065247518
amazonで購入する Kindle版を購入する

1日外出録ハンチョウ(12) (ヤンマガKCスペシャル) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

星野流人

家主不在の宮本宅でパラサイトする話と、パフェ食べる話がおもしろかったです。宮本が違反切符切られる話では、路地に張ってる警察官がちょうどよく腹立つ感じなのがまた……。日本でゴールド免許で居続けるのなんて、ペーパードライバー以外は難しすぎるので、宮本も心を強く持ってほしい……。同じくカイジからのスビンオフ作品・イチジョウとのコラボでは、深夜のファミレスで駄弁る感じが好きでした。こうして見ると、一条って本当にただの苦労人アルバイト青年……。

2021/09/10

オザマチ

今回は大学生のノリの話が多かった。

2021/09/11

しぇん

ネタがジャ割らず豊富ですね。ただ、自分に刺さるエピソードは今回なかったかなと。バーベキューパジャマだと臭いつくのでは?とかどうでも良い事が気になってしまいました

2021/09/08

TaHi

あいかわらず、新奇の休日の過ごし方を教えていただきありがとうございます。今回はダントツで、パーラーで食べるパフェが良かったです。たしかに、前にパフェ食べたのいつだっただろうって思い返してみたら、全然思い出せませんでした。なのに、これを読んで無性にパーラーでパフェが食べたくなった。早くコロナに気兼ねなく外出できないかな。ある意味コロナのせいで、帝愛の地下にいるような気分です。外出したいー!

2021/09/10

あっくん

今回も気楽に読めるけれど深い話が多かった。 特に印象に残っているのは、トラブルを引きずってしまい、せっかくのイベントを楽しめなくなってしまう話。 自分自身にもよくあるよな~と思う。起こってしまったことは変えようがないし、よくよく考えればたいしたことはないのに、クヨクヨ、イジイジ考えて引きずってしまい「今、ここ」を楽しめなくなる。そのような時はどうすれば良いのだろうか?何かしら自分なりの切り替えスイッチとなる行動を決めておこう。例えば30秒間、空を見上げてみるとか。ちっぽけな自分に気づくことだ。

2021/10/16

感想・レビューをもっと見る