読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ヨリシロトランク(3) (モーニング KC)

ヨリシロトランク(3) (モーニング KC)

ヨリシロトランク(3) (モーニング KC)

作家
鬼頭莫宏
カエデ ミノル
出版社
講談社
発売日
2021-10-13
ISBN
9784065249741
amazonで購入する Kindle版を購入する

ヨリシロトランク(3) (モーニング KC) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

トラシショウ。

「被害者が、殺された人が、蘇る選択肢が有る方が勿論より良いです。でも、根本的な事はやはり、自分達でやらなくてはならない。元より被害者のいない世界。貴女に頼らなくても良い、世界」。魔術師同士の場合、有名古典ミステリを連想する孤島に集まった人々の場合、変則異世界転生した人の場合、無慈悲な差別が根強く残る地方の人々の場合、蘇るも自死を選んだ人の場合、そして・・・。前巻の予告通りの最終巻。思考実験的な側面は益々加速しており、これまでで一番難解なエピソード多数。きっちりやりきった感が強いなぁ(以下コメ欄に余談)。

2021/10/19

JACK

○ 「改変者」という神のような存在によって世の理が書き換えられた世界。ここでは殺人犯を殺せば被害者が蘇る。被害者を生き返らせるために殺人犯を殺すのは許される殺人なのか。極限の思考ドラマも遂に完結。ファンタジー世界で盗賊を全滅させた魔法使いを殺したらどうなるか、富豪が殺された孤島の別荘で犯人を探す手段とは、といった思考実験的な物語は面白い。被害者にとって生き返る事が必ずしも幸せではないという話もあってなかなか考えさせられます。終わり方は唐突で魅力的でもなく、打ち切り感もあってちょっと残念でした。

2021/10/21

東晃

前後編の話だと、どういうネタかというのがおおよそ前半でわかってしまうのがなんとも言えんなぁと思う。全体通して見ると、出オチとまでは言わんけど、入口ほど面白い出口にならんかったなぁ 星三つ

2021/10/19

感想・レビューをもっと見る