読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

スカーフェイス4 デストラップ 警視庁特別捜査第三係・淵神律子 (講談社文庫)

スカーフェイス4 デストラップ 警視庁特別捜査第三係・淵神律子 (講談社文庫)

スカーフェイス4 デストラップ 警視庁特別捜査第三係・淵神律子 (講談社文庫)

作家
富樫倫太郎
出版社
講談社
発売日
2021-09-15
ISBN
9784065249864
amazonで購入する Kindle版を購入する

スカーフェイス4 デストラップ 警視庁特別捜査第三係・淵神律子 (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

JILLmama

妻と子を殺害された元自衛官レンジャーの男がオペレーターに操られ、復讐を始める。 事件外で失踪していた女の子を探す淵神たち。この事件はどう繋がっていくのかな?オペレーターって一体誰なの??ページ数多めなのに、先が気になって一気読み。

2021/09/19

petitlyz

登場するのは、気の毒な妻子を失った男性と、やはり気の毒な戸籍がなかった女性、あとは悪人・極悪人。ジュピターとかいう犯罪集団をなんでここまで放置しているのか、作中の警視庁の仕事を疑問に思う。最初から不穏でハラハラしながら読み進む。ずっと見え隠れしていた電話の主オペレイターは主人公律子の意外と近くにいる人物のような気がする。これはこれできっと続きが出たら読むと思うけど、SROの続き出ないのかなー?

2021/09/22

カープ坊や

本書を読む前にシリーズ1〜3を再読しての読了。 シリーズ最高傑作の予感なれど。。。。。。ラストが切なすぎる。SRO同様に次回作が待ち遠しい冨樫さんのシリーズ。

2021/10/06

K

みつどもえ?よつどもえ?のチェイスシーンが面白い。そういえば主人公はアルコール依存症の設定だったか。最後のビール飲むシーンは旨そう。

2021/09/25

きょうちゃん

今回もグロテスク。。ストーリーはいくつかの事件が重なっていて何度も読み返してしまったけど後半は読むのを止められないくらいの展開。藤平、男になった!オペレーターの正体は???

2021/09/27

感想・レビューをもっと見る