読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

世々と海くんの図書館デート(5) 春めくきつねは、つりばしにゆられて、あのこに会いにゆきます。 (講談社青い鳥文庫)

世々と海くんの図書館デート(5) 春めくきつねは、つりばしにゆられて、あのこに会いにゆきます。 (講談社青い鳥文庫)

世々と海くんの図書館デート(5) 春めくきつねは、つりばしにゆられて、あのこに会いにゆきます。 (講談社青い鳥文庫)

作家
野村美月
U35
出版社
講談社
発売日
2021-10-14
ISBN
9784065250327
amazonで購入する Kindle版を購入する

世々と海くんの図書館デート(5) 春めくきつねは、つりばしにゆられて、あのこに会いにゆきます。 (講談社青い鳥文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

半熟タマゴ

ライバルキャラが現れましたが二人の間に入る隙は一切ありませんでしたね(笑) 久遠くん悪い子ではないから良い子と出会えたらいいなと思っていたらあの子との出会いがあってにっこり。海くんのお母さんの話もよかった。まさか親同士の繋がりがあったとは……。生まれる前から運命の出会いをしてたのですね。素敵なエピソードでした。これで完結なのが本当に寂しい……。もっと二人の微笑ましいやり取りを見ていたかったし、他のカップルのエピソードもじっくり見てみたかったなぁ。番外編とか出たりしませんか……?

2021/11/13

星のカービィ@低浮上

世々可愛い^^

2022/03/15

ゆぽんぬ

読んでいると心の奥があたたかくなる。優しくなる。愛しさに包まれて、泣きそうになる。そんな大大大好きなシリーズだった……から、これで完結しないでほしい〜! 児童小説でダントツ面白いと思うんだけどなぁ。このシリーズは、最初から最後まで、ずぅぅぅっと幸せな気持ちで、キュンキュンしながら読めた。貴重な読書体験だったと思う。きつねの世々ちゃんの可愛らしいこと。純粋で素直で、あまりの可愛さに、私もメロメロになってしまう。世々ちゃんと海くんなら、この先もずっとラブラブで、花も嵐も踏み越えて、幸せに暮らせると思う。

2021/11/08

日坂愛衣

相変わらず可愛いお話、お母さん達の物語はちょっと感動した。野村美月先生が本当に優しい人。

2021/10/13

有無(ari-nashi)

肝心の返答は明かされない。でも、きっと大丈夫だと思わせてくれるラスト。世々と海くんだけでなく、今回初登場だった久遠くんも含め、きっと皆これからどんどん季節を重ねて互いに絆を深めていくんだろうな。相変わらず登場人物の心情と実在する絵本の物語がみごとにシンクロしていた。今回は「きつねの子」シリーズから2冊登場したけれど、シリーズまとめて読んでみたくなった。おそらく「きいろいバケツ」しか読んだこと無いんですが、あれも不思議な余韻の話だった気がする。

2021/11/02

感想・レビューをもっと見る