読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

天空の鏡 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)

天空の鏡 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)

天空の鏡 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)

作家
麻見和史
出版社
講談社
発売日
2021-11-16
ISBN
9784065252864
amazonで購入する Kindle版を購入する

天空の鏡 警視庁殺人分析班 (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ohion

今回は犯人視点のパートがなく、塔子を追っかける感じで進んでいきます。塔子が潜入捜査したり、新興宗教や連続殺人と盛りだくさん。結末は苦いものがありますが、お母さんと塔子のやりとりが微笑ましくほんわか。 鷹野刑事が公安にいく別のシリーズが立ち上がってるようなので、そろそろ区切りをつけるのかな。

2021/11/23

ドットジェピー

好きなシリーズです

2021/11/17

terukravitz

図書館本★☆☆☆☆

2021/10/21

感想・レビューをもっと見る