読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

てんぷる(6) (アフタヌーンKC)

てんぷる(6) (アフタヌーンKC)

てんぷる(6) (アフタヌーンKC)

作家
吉岡公威
出版社
講談社
発売日
2021-11-17
ISBN
9784065259146
amazonで購入する Kindle版を購入する

てんぷる(6) (アフタヌーンKC) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ささきち

月夜やカグラが赤神に落とされてますな~ただ恋をしているのはわかるのだがその先に進むのがいつになるのやらともう動いても遅いのでは?というほど結月√が着実に進んでいる気がしてなーこの作品ハーレム物に舵取りしないとどうなってしまうんや?と読んでて思いましたね。お寺の再興の話はどんな状況でも諦めなかった結月達の努力は無駄じゃなかったとか、昨今の情勢からお寺の存在意義とか問われるよね~うちも墓捨てる話とかあったしな。そういう真面目な話もあったのだがこの最後よw儂の孫がどうなるのか次も楽しみです。

2022/05/29

毎日が日曜日

★★+

2021/11/21

niz001

あああ、良い話やったのにw、しかもそこで次巻に続くかー。「ぐらんぶる」より絵に気合が入ってる気がする。

2021/11/17

ppwahara

儂の孫最大のぴんち

2021/12/12

サタイン

地道に檀家の皆さんの信頼を勝ち取って無事寄付して頂けることに。良かったこれで寺も安泰と思いきや赤神君いらんことしてしまったか

2021/11/21

感想・レビューをもっと見る