読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

恋とゲバルト(2) (モーニング KC)

恋とゲバルト(2) (モーニング KC)

恋とゲバルト(2) (モーニング KC)

作家
細野不二彦
出版社
講談社
発売日
2022-02-22
ISBN
9784065267233
amazonで購入する Kindle版を購入する

恋とゲバルト(2) (モーニング KC) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぐうぐう

右と左、それぞれの信じる正義がぶつかり合う。園芸部に所属する東儀と美智子は、敵対するそれぞれの組織に所属していることを(つまりは、それぞれの正義を)隠し、キャンパスライフの中で微笑ましい交流を保っている。ただ、二人は歯車に過ぎない。組織に有益な結果をもたらせるためのツールとして利用されている。そのことに若い二人は無自覚だ。さらに言えば、それぞれの父親から受け継ぐ思想が二人を分かつ根っこでもある。仮面をかぶっているかぎり、東儀と美智子に真の和解はない。(つづく)

2022/04/03

蝉、ミーン ミーン 眠ス

東儀くんは同じ眼鏡っ娘好きの同士だとばっかり思っていたけど、妄想で致すシーンで眼鏡を外させていたし敵なのか?

2022/04/26

感想・レビューをもっと見る