読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

「表現の自由」の闘い方 (星海社新書)

「表現の自由」の闘い方 (星海社新書)

「表現の自由」の闘い方 (星海社新書)

作家
山田 太郎
赤松健
出版社
星海社
発売日
2022-03-24
ISBN
9784065270844
amazonで購入する Kindle版を購入する

「表現の自由」の闘い方 (星海社新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いちろく

以前、スクショが違法になる可能性が出てきた時の衝撃を今でも覚えている。その時に知ったのが著者である山田太郎氏の名前。漫画村を発端としておかしな方向に曲がりかけた法案に立ち向かってくれたのが、著者を中心としたグループ。 最近だと、一般にも広く公開された国会図書館資料のデジタル化の大幅な予算獲得に動き押し進めたのも著者。考え方の全てには納得出来る訳ではないけれど、小説、マンガ、アニメ、ゲーム、映画、演劇などのエンタメ業界の表現の自由を守ってくれている政治家。支持政党や左右翼関係なく、本好きは読んでほしい一冊。

2022/06/12

新橋九段

デマと曲解にまみれた本当に酷い本。自民党議員らしいと言えばそれまでだが。

2022/05/28

エリオちゃん

山田太郎議員を読んで支援。 表現の自由の最前線で戦って、成果を出している。そのレポートが読めるのが政治家としてすごい。

2022/05/13

ローマ奏者

政治界で独自の主張を持っています。山田さんは表現の自由を守るという目標を実現するための不可欠の存在である。中国で生きる私に見れば、なんと羨ましいことだ!

2022/05/04

佐倉 海人

「創作をはじめとする様々な文化を守る」ためにこれほどの戦いが展開されてるとはと驚きながら読み切りました。

2022/05/26

感想・レビューをもっと見る