読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

黙示録の四騎士(6) (講談社コミックス)

黙示録の四騎士(6) (講談社コミックス)

黙示録の四騎士(6) (講談社コミックス)

作家
鈴木央
出版社
講談社
発売日
2022-03-17
ISBN
9784065272862
amazonで購入する Kindle版を購入する

黙示録の四騎士(6) (講談社コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

葉鳥

ついにシンの正体が明らかに。

2022/06/10

ミキ

やっと好きになれそうなキャラ現れたーランスロット!七つの大罪は登場時からある程度強くて名声もあったけど、今回は一つ下の世代の物語という事で魔力も戦闘も人間的にも未熟なのが魅力なんかなぁ。結局後半は強さのインフレ起こしてそうだけどなぁ。

2022/03/27

zoumurasan

紙で新刊購入。前巻の後あたりからマガポケで毎週読んでるけど最初の方忘れてたので通しで読むとまた感じ変わるな。黙示録の四騎士の2人目ぽい人が出てきてカッコよかった。あとライジングインパクトと同じ技名に気分が上がった。主要キャラの構想画や赤ちゃんパーシバルとじいじのオマケ漫画描き下ろしであった。

2022/03/18

たー

この巻は殺し屋集団「闇のタリスマン」との闘い。まだまだ未熟なパーシバルたちがどう立ち向かっていくのか。圧倒的な実力差なので、どうなるのかハラハラです。 そして、ネタバレになるので言えませんが、何がどうなるとあれがアレになるのか?どういうこと?の謎は解けないですが、びっくりな展開があります。ほんとにどうなるんでしょう?ここまで読んで思うのは、前作よりかなり壮大な展開が待ってそうな懐の深さ。ようやくエンジンがかかってきた感じがします。

2022/03/17

感想・レビューをもっと見る