読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

無限の住人~幕末ノ章~(6) (アフタヌーンKC)

無限の住人~幕末ノ章~(6) (アフタヌーンKC)

無限の住人~幕末ノ章~(6) (アフタヌーンKC)

作家
滝川廉治
陶延リュウ
沙村広明
出版社
講談社
発売日
2022-04-21
ISBN
9784065274200
amazonで購入する Kindle版を購入する

無限の住人~幕末ノ章~(6) (アフタヌーンKC) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

眠る山猫屋

吃驚した!目を疑った!!表紙に尸良がいる!!原本であれだけ悪逆無道の限りを尽くし、いっそ天晴れなほど万次さんを苦しめ抜いた尸良が!?あの尸良が高杉晋作に生まれ変わった!?いや、コレ、作中で高杉さんが万次さんに語ってるんですわ。もちろん半分冗談なんだろうけど・・・。万次さんは複雑だろうなぁ。いや、80年も経つと水に流せるのか?だがまぁ、尸良(じゃなくて高杉晋作さん)との共闘はアツい。新撰組では伊東甲子太郎一派が登場、こちらは逸刀流の風情(笑)佐々木只三郎一味は前作の逸刀流追撃隊みたいじゃないか(苦笑)

2022/04/25

毎日が日曜日

★★★+

2022/04/30

感想・レビューをもっと見る