読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

オリーブの実るころ

オリーブの実るころ

オリーブの実るころ

作家
中島京子
出版社
講談社
発売日
2022-06-22
ISBN
9784065279502
amazonで購入する Kindle版を購入する

オリーブの実るころ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

旅するランナー

世にもちょっと奇妙な人たちと出会える6短編。飄々としながらも、どこか毒気を含んだ語り口が、いかにも中島京子風。偏執狂な登場人物たちが魅力的です。モハメド・アリのサイン色紙、白鳥の顔の見分け方、失踪の思想、人工透析巡りの旅など、思わぬ学びもあります。特に「全国の都道府県名をドイツ語にすると無駄にかっこいい」ブログが気になって検索しました。確かに茨城はローゼンブルクになるんだ。兵庫はゾルダーテンラーゲー。皆さんもお住まいの都道府県名を調べてみて下さい。

2022/07/22

starbro

中島 京子は、新作中心に読んでいる作家です。バラエティに富んだ短編集、オススメは「家猫」&表紙絵の「ガリップ」です。 我が家の庭にオリーブの樹はありますが、実りません(笑) https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000365650

2022/07/23

いつでも母さん

短編集。えーっと思ったり、哀しみを感じたり、おぉ~と飲み込んだり、これはどうなの?って首を傾げたり、うんうんうんと拳を握ったり、脱力したり・・そんなこんなの色んな6話。そこにあるのは『愛』色んな『愛』やっぱり『愛』なんだって。

2022/07/15

ショースケ

読友さんが読んでいて興味を持った中島京子さんの短編集。どの話も驚くほどの大きな出来事はないけれど、ほのぼのしてすべて面白く読んだ。『家猫』は母、息子、息子の元嫁、今息子の部屋にいる若い女、それぞれの気持ちが綴られ、それぞれが思いもよらないことをみんな思ってるのが、とても面白かった。その他も、人間っていろいろだなぁと思わされた。そしてちょっぴり不思議な世界観のある一冊だった。読んで良かった。読友さん、いい本を紹介してくれてありがとう❣️

2022/09/04

みっちゃん

こんなに優しげな表紙なのに。第1話からえらい衝撃を受けた。母、息子、元妻、そして「猫」誰が良いひと、とか優しい、とかあるいは「化物」なのかとか。見る目、語る口によってこんなに違うとは。「自分は優しい」「自分は正しい」疑いもしない事がこんなに恐ろしいとは。結局「猫」って…おお、怖…一番の衝撃はこの『家猫』ではあったが、あとの話も切なさと何だかわけのわからない不気味さが同居するような不思議な読み心地、であった。

2022/09/26

感想・レビューをもっと見る