読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

超怖い物件 (講談社文庫)

超怖い物件 (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

yukaring

引き続きホラー祭り。実力派作家さんによる「物件怪談」のオムニバス。サイコだったりスプラッタだったり不条理だったりとバリエーション豊かなホラーを堪能。特に面白かったのは宇佐美まことさんの『氷室』。田舎の古民家を格安で買って商売を始める主人公。寂れた商店街を町興し隊の女性が凄腕で盛り上げていく良い話だと思っていたら、最後にストンと落とし穴が開き奈落の底に落とされるようなそんな読後感。どれも面白かったが神永学さんの『妹の部屋』には背すじがゾーッ。郷内心瞳さんの『トガハラミ』はスプラッタ具合が衝撃だが面白かった。

2022/09/24

かおりんご

ホラー。ん〜っ、最近実話ばかり読んでいるので、物足りない。怖いんだけどね、でも、なんか違う。糸柳さんの話は好き。ちょいちょい挟まれる上間さんいじりが笑える。ホラーなのに、笑っていいのか謎だけど。

2022/09/21

JILLmama

うーん... 短編すぎ。どれも短すぎて怖さに深みが出ない。 色々な作家さんが参加していてお得感はあるけど、これといって記憶に残る作品が...

2022/09/18

ちびあんすも

読んでる間ぴゃーってなった。よく分からないものもあったけど、怖い。人間の思い込みというか、怨念というか。怖いねえ。文字化けしたメールとか解読すんの怖いよね。え、これってもちろん全作創作、実話風ってことでいいんですよね?確認。土地に取り憑くのとかどうしたらいいんでしょう。うーむ。

2022/09/18

3月の読書猫

全て雑誌で読んだのですが、好みの物が多かったです。 特に宇佐美さん、澤村さん、芦花さんのお話が記憶に残りました(^^)

2022/09/18

感想・レビューをもっと見る