KADOKAWA Group

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

宮崎夏次系傑作選 なんかいつかの魔法 (モーニングKC)

宮崎夏次系傑作選 なんかいつかの魔法 (モーニングKC)

宮崎夏次系傑作選 なんかいつかの魔法 (モーニングKC)

作家
宮崎夏次系
出版社
講談社
発売日
2022-10-21
ISBN
9784065295045
amazonで購入する Kindle版を購入する

宮崎夏次系傑作選 なんかいつかの魔法 (モーニングKC) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

❁Lei❁

公式Twitterに投稿されていたあるコマに一目惚れし、なんとかタイトルを突き止めて購入。ある日お父さんが犬になってしまった「リビングで」がそれでした。他には、イライラすると肌がカサカサになるまで体を洗う兄を描いた「石鹸」がお気に入り。日常ではおろそかにされがちな心の機微が丁寧にすくい取られ、静かでエモーショナルな読後感につながっています。ちょっといじわるな気持ちや、笑われてしまいそうなほどの繊細さも、この本の中では温かく包まれていて居心地がいいです。きっとこれからも何度も読み返すだろう宝物になりました。

2024/04/26

猫路(ねころ)

アンニュイの先の苦悩をさらっと描いてるのには脳内に染み渡ります。

2023/05/15

ふりや

絶版作品・未公開・描き下ろし作品などを含むこれまでの名作を収録した傑作選。シュールで少し不思議でセンチメンタルな宮崎ワールドが堪能できます。ベスト版なので既読のものが多かったですが、再読でも安定の面白さ。もともと宮崎さんの絵柄が好きなのですが、改めて読んでみると背景の書き込みやキャラの細かい表情などが相変わらずとても緻密で美しく、以前読んだときには気づかなかった新しい発見があったりも。収録作の中では『オカリちゃんちのお兄ちゃん』が一番好き。とぼけた造形のキャラを中心に家族の絆を描いた心に沁みる作品です。

2022/10/23

Ex libris 毒餃子

短編の方が好きかも

2022/10/27

たこわさび「たにちゃん」

今日も今日とて推しさんの影響で10年ぶりくらいに漫画を買って読んだ。ちょっと面白すぎる。新しい扉を開いてしまった気がする。どの家庭や社会集団にもある不安定さや危うさがとっても絶妙に表現されている。その不安定さが爆発した時の人間関係の破壊と再興の様が面白い。小説はやっぱり自分で想像という名の妄想を膨らませながら読めるのが堪らないんだけど、漫画は漫画で文字には出ない表情とかがいい!絶対読み漁る予感。

2023/08/17

感想・レビューをもっと見る