読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

絵で見る「もの」の数え方

絵で見る「もの」の数え方

絵で見る「もの」の数え方

作家
町田健
出版社
主婦の友社
発売日
2005-04-01
ISBN
9784072467640
amazonで購入する

絵で見る「もの」の数え方 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

のり

日本語にこれほど助数詞があるとは思っていませんでした。知らないものばかり。由来も書かれていて勉強なります。人は生きているときは「一人」、遺体になると「一体」、骨壺に入ると「一口(いっこう)」、墓に入ると「一基」、位牌になると「一柱(ひとはしら)」。神様は「一柱(ひとはしら)」、仏様は「一尊(いっそん)」 数え方が変化していくものがたくさんあって、覚えるのが大変です。

2015/09/14

koba

意外に知らない数え方。

2017/06/24

hit4papa

様々な助数詞をイラストとともに紹介する著書です。ひとつのものを表すのにいくつかのバリエーションがあったり、その表し方に曰くがあったりと読んでて楽しくなります。日本語の美しさを継承しく大切さが実感できますね。

みずのみば

これを数える機会なんてないだろうなあ、と思うものまでおさえており、何かと役立ちそうではある。

2012/12/18

ワハハオレンジ

勉強になった!!

感想・レビューをもっと見る