読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

こころの おと

こころの おと

こころの おと

作家
ピーター・レイノルズ
なかがわちひろ
出版社
主婦の友社
発売日
2016-06-01
ISBN
9784074146291
amazonで購入する

ジャンル

こころの おと / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

びわこっこ

何年もの間、弾いていなかったピアノを、小さなラジが弾いてみると、ぽろん ぽろろん 色を混ぜて絵を描くように、夢中になって弾くようになる。🎶 おとうさんがラジにピアノを習わせると、上手になったが、つまらない!😓 ピアノは、また忘れられたように静かになる。ラジが大人になって、おとうさんが倒れ、「ピアノを弾いてほしい」と望んだ時に、ラジが弾いたピアノ🎹💖 それは、小さい頃、楽しそうに弾いていた、忘れていた気持ちを紡いだ、あたたかな音だった。🍀

2021/11/16

ネギっ子gen

ラジは、色を混ぜ絵を描くように、音を混ぜてピアノを弾いていた。その音を愛した父は、息子の才能を伸ばそうと、音楽教師を招くのだが……。親だからこそ、子どもに伝えられることがある。大人にこそお薦めしたい、胸底まで沁みていく絵本――。【著者の言葉:父のこと】<楽器の演奏でもっとも大切なのは、完璧に弾くことよりも、音楽を楽しむことではないだろうか/病床の父と、父の瞳に輝きを取り戻したいと願う私のあいだに、ことばはありませんでした。かたちをもたない感情がゆきかうばかり。それにもっとも近いものが音楽だったのです>。

2021/06/04

モリー

音楽が親子の心をつなぐ優しいお話でした。

2019/04/08

ヒラP@ehon.gohon

ピーター・レイノルズの絵本は、どの本も心のど真ん中にストレートに投げ込まれます。 ピアノの演奏は、上手に弾くのではなく、心で弾くのだと、当たり前のようで、忘れてしまいそうな、とても大事なことを教えてくれました。 何事でも、一生懸命に練習して上手になっても、心がどこかに行ってしまったら、何のために練習していたのか、分からなくなってしまうもの。 そんなとき、思い出せることが、何より自分のために大事ですね。 大人も子どもの心を大切に、無理強いしない心を持つことが必要だと感じます。

2016/08/16

ふじ

好きな絵本作家さん。いつもちょっとした心のトゲを抜いてくれる。音楽は「音を楽しむ」と書くけれど、楽譜通りをどこまでも求めた結果、そこから遠ざかっていくことってあると思う。もちろん、基礎があってこその表現なんだけど。そんな絵本でした。

2017/09/02

感想・レビューをもっと見る