読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

子どもが学校に行きたくないと言ったら読む本

子どもが学校に行きたくないと言ったら読む本

子どもが学校に行きたくないと言ったら読む本

作家
菅野 純
あらいぴろよ
出版社
主婦の友社
発売日
2020-04-10
ISBN
9784074414833
amazonで購入する Kindle版を購入する

「子どもが学校に行きたくないと言ったら読む本」のおすすめレビュー

子どもが「学校に行きたくない」といい出した! 親が絶対やってはいけないNG行動とは?

『子どもが学校に行きたくないと言ったら読む本』(菅野純:監修、あらいぴろよ:マンガ/主婦の友社)

 緊急事態宣言が解除され、約3カ月ぶりに学校が再開された。子どもたちにとっては久しぶりの学校生活。新しい環境になじめず、学校へ行くこと自体が大きなストレスになってしまっている子もいるかもしれない。

「今日は学校に行きたくない」。

 もしも子どもが急にこんなことをいい出したら、『子どもが学校に行きたくないと言ったら読む本』(菅野純:監修、あらいぴろよ:マンガ/主婦の友社)を手に取ってみてほしい。子どもの心の中でどんなことが起こっているのか、親としてどう接すればいいのか、長年不登校や登校しぶりの問題に関わってきたベテランカウンセラー菅野純さんがマンガとともに解説してくれる。

登校しぶりは、学校に問題があるとも限らない

 何の問題もなく育っていた子どもが突然「学校に行きたくない」と泣いて嫌がったら、私ならどうするだろう。なんで? どうして? 学校でいじめられてるの? それとも先生が嫌なの? とその原因探しに躍起になってしまうかもしれない。

 ところが菅野さんによれば…

2020/6/24

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

子どもが学校に行きたくないと言ったら読む本 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

はじめさん

ある日いきなり子どもが学校行きたくないとこぼしたら? 学校の中の事は親は知らないので、生徒同士の人間関係? それとも先生と? 勉強がつまらないとか? 理由はそれぞれだけれど、モチベーションというか、人体を動かすエンジン=心のエネルギー切れ。そのまま無理させると、もう取り返しのつかないことに。親がしていい事と悪い事とは。子どもが問題に差し迫ったピンチは、親として成長するチャンス? / 謝ったんだから許してあげなさいとか、皆勤賞とか、もういまの時代にはそぐわないような。休みたいときゃ休みゃいいよ。人間だもの。

2020/10/07

感想・レビューをもっと見る