読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

【Amazon.co.jp 限定】夜が明けたら 蒼井そら

【Amazon.co.jp 限定】夜が明けたら 蒼井そら

【Amazon.co.jp 限定】夜が明けたら 蒼井そら

作家
藤原亜姫
蒼井そら
出版社
主婦の友社
発売日
2020-06-19
ISBN
9784074447831
amazonで購入する

「【Amazon.co.jp 限定】夜が明けたら 蒼井そら」のおすすめレビュー

「AV女優じゃ終わらない」――グラビアアイドルとしてスカウトされたはずがセクシー女優に。元AV女優・蒼井そらの半生をモデルに小説化

『夜が明けたら 蒼井そら』(藤原亜姫/主婦の友社)

「平凡ではない、何者かになりたい」  そんな淡い夢を抱いたことはないだろうか。

 ほとんどは「そんなこと言ってたなぁ…」なんて頭をかきながら、家族や仲間と笑顔で話す思い出話となるのが関の山だろう。

 しかし、そんな野望を決してあきらめず、がむしゃらに追い求めた女性がいた。小説『夜が明けたら 蒼井そら』(藤原亜姫/主婦の友社)の主人公・ジュンだ。

 ジュンは、姉と2人の兄、妹を持つ、ちょっとヤンチャな平凡な女の子。小学生の頃、漠然と芸能界にあこがれを抱くが、特に行動を起こすわけではない。普通に高校・短大へ進学して、普通に彼氏を作り、普通に仲間と遊び青春を謳歌していた。

 そんな彼女の運命の歯車は、友人と遊ぶために訪れた渋谷でスカウトに声を掛けられた瞬間、動き出す。グラビアアイドルとしてスカウトされたジュン。ふっと湧いたチャンスを生かすため、スカウトを受け入れるが、気付けばセクシー女優としてデビューすることに。

 普通であれば「騙された!」と憤慨してしまうところだが、ジュンは違う。セクシー女優からタレントに転…

2020/6/26

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

【Amazon.co.jp 限定】夜が明けたら 蒼井そら / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

kzy

読み始めたら止まらず、一気に読んでしまった。 最近は「セックスが好きだから」のような理由で、自ら進んでAV女優になる人もいて(それこそ彼女の功績だけど)、それはどこか浮世離れしてるように思うこともあるけど、彼女の場合は、仕事が好きでもないようだし、AV業界を肯定もしない。ずっと後ろめたさや葛藤を抱えている。そこがどこまでも共感できるし、詳細な心理描写が身につまされる。 ハチミツ二郎の描写はどこまでが本当なのかわからないけど、この1/10くらいの程度だとしたって、ドン引きするレベル。

2020/10/06

感想・レビューをもっと見る