読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ガラスの仮面の告白

ガラスの仮面の告白

ガラスの仮面の告白

作家
姫野カオルコ
出版社
主婦の友社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784079358255
amazonで購入する

ガラスの仮面の告白 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

清瀬産えだまめはいまいずこ

この本で姫野氏を初めて読んだ。28歳ころ。1998年ころ。衝撃、共感、そして泣けた。その後むさぼるように姫野氏を読んだ。

カミツレ

これ読んでから姫野カオルコさんにはまった。

のりすけ

「●●●ス」しなければならぬ!こういう時私にもありました。今から考えると、しょうもないことに囚われてたなぁ…なんですけどね。当時は深刻でした。あ、姫野さんの自家発電。図入りで説明してくださってるのですが、イマイチよくわかりません。未知との遭遇!!

2013/11/21

はるゆき

積読本消化。80年代、「八つ墓村みたいなところ出身の」「アーバンな生活に憧れる」「サバサバした」「SM小説家(女性)」の、エッセイのような小説のような本。文庫になったのは90年代の頭…?20年前ですって。にじゅうねん。

2012/08/14

penguin

自虐的なエッセイ。これが主婦の友社から出版されたことに、ちょっとした衝撃を覚えました(笑)。テンポの良い語り口なんですが、意外に深い部分をざっくり切り取ってる気がします。

2010/06/27

感想・レビューをもっと見る