読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

公爵家の花嫁は禁断の恋歌をうたう (コバルト文庫)

公爵家の花嫁は禁断の恋歌をうたう (コバルト文庫)

公爵家の花嫁は禁断の恋歌をうたう (コバルト文庫)

作家
はるおかりの
田中琳
出版社
集英社
発売日
2013-12-27
ISBN
9784086017770
amazonで購入する Kindle版を購入する

公爵家の花嫁は禁断の恋歌をうたう (コバルト文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぐっち

シリーズ第二弾、今回はロミジュリ。ヒロインが世間知らずすぎて、若干入りづらかったですが、甘いお話でよかったです。皆さんも書かれている通り、地味目カップルが気になりました。あと、ぬいぐるみのレオの挿絵がマジ怖くてちょいビビりました。

2016/12/10

本夜見

(-"-;)う〜む…ヒーロー側の生い立ち・家庭事情は面白かったんだけど でかい強面ライオンぬいぐるみを持ち歩くヒロイン…頭がお花畑的 超☆世間知らずは純粋無垢というより馬鹿っぽい(と言ったら辛辣すぎか…笑) お嬢様なんてあんなもんですかねぇ?! ロミジュリ風な作品でした。陰でヒッソリ進行してた地味な恋愛の方が面白そうではありました。

2013/12/29

夜の女王

☆☆☆ 「朝日がにくい」とか、シェークスピアっぽいセリフが随所にちりばめられてて、まさにコバルト版「ロミ&ジュリ」。なので、ストーリー的にはかなり陳腐。ヒロインの純粋さに惹かれるヒーローという設定も定番過ぎて食傷気味。とはいえ、はるおかさんらしい女の子の細やかな心理描写が良いので☆一つおまけ。

2014/03/14

よっしー

ロミジュリなんだろうけど父親同士は子供の喧嘩レベルなんだし、いっそ3作目みたいなコメディ路線で良かったんじゃ?ヒーローと元凶の父親の関係も放ったらかしだし…。これならむしろ、実は血が繋がってなかった的な展開で友人の方の兄妹話か、地味カップルの方を長編で読みたかったと思う。

2014/11/18

加那

最初、ヒーローがダメでどうしようか…と思っていたんですが、中盤以降何とかイケる!と(笑)父親が全て悪いよね。うん。ヒロインはありがちに口説かれて流されているようで微妙でしたが。兄妹は来るだろうなってポイントジャストミートで嬉しかったです(笑)幼馴染の兄妹もですが。にしても、父同士の喧嘩が、子供のレベルで微笑ましい?ですね。血生臭いそれじゃないので、見事な大団円。後半からが私的好みでした。

2014/04/05

感想・レビューをもっと見る