読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

【復刻版】 なんて素敵にジャパネスク 2 (コバルト文庫)

【復刻版】 なんて素敵にジャパネスク 2 (コバルト文庫)

【復刻版】 なんて素敵にジャパネスク 2 (コバルト文庫)

作家
氷室冴子
出版社
集英社
発売日
2018-11-01
ISBN
9784086080828
amazonで購入する

【復刻版】 なんて素敵にジャパネスク 2 (コバルト文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ユメ

筒井筒の仲の高彬と鷹男こと帝が瑠璃姫をめぐって恋の火花を散らし、更に初恋の吉野君まで登場するという、まさに「女の子が一度は夢見る理想の恋のかたち」のような展開。そんなシチュエーションに浮かれつつも、鷹男の度重なる求愛にもなびかずに「高彬と結ばれないなら尼になってやる!」という意志の強さも持った瑠璃姫は、やはり魅力的な女の子だ。吉野君が鬼と化してしまった理由はとにかく切ない。しばし二人きりになった瑠璃姫と吉野君が振り返る幼き日々の思い出は、胸が痛くなるほど純粋に美しくて、それがいっそう今を切なくさせる。

2018/11/18

えみちゃん

1巻を読んで速攻で読むつもりでしたが即読みたい新刊が重なりひと息置いてしまいました。「入道の変」を見事解決してついに【初夜!!】(笑)を迎えることとなった瑠璃姫と高彬でしたが、ひょんなことから行動を共にした鷹男(東宮)に気に入られ文を送られたことにより事態は一変!!【初夜】どころか無期延期?白紙の状態に・・。ところが言い寄られるほどに冷たくあしらってしまうのが女の子なのよねぇ~。周りの圧力についにブチ切れた我らが瑠璃姫は「尼になってやる!!」とばかりに尼寺に駆け込むあたりいかにも瑠璃姫らしい。(笑)

2018/12/27

むうこ

復刻されたジャパネスクシリーズの二冊目。 頁数の割に展開が早く感じられるのはやっぱり氷室さんのテンポの良い言葉の力かな。一冊の中にあれこれのエピソードが入っていたのも事実。 最後は泣けました。

2018/12/21

Lesen

吉野君~~~~~~~(泣)今読んでも泣ける。吉野君を思うと切なくて、切なくて。どうにもならない現実と生い立ち。純粋すぎる心ゆえに逆に歪みが生じたんでしょうね。心引きちぎられそうになる。高彬の優しさ、心遣いが良い。余韻を残す綺麗なラスト。

2019/02/09

おざわさき

…泣いた!泣いた!30数年前に初めて読んだ時に泣いたかどうかはもう忘れたけど、これを読んで泣かないわけない!…とその割に話の細かい展開を忘れていて楽しく読めたのでした(苦笑)復刻版はここまでかなぁ。続きを取りに実家に帰ろうか迷うな。

2018/11/10

感想・レビューをもっと見る