読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

テイルズオブデスティニー2〈3〉運命の果てに (集英社スーパーダッシュ文庫)

テイルズオブデスティニー2〈3〉運命の果てに (集英社スーパーダッシュ文庫)

テイルズオブデスティニー2〈3〉運命の果てに (集英社スーパーダッシュ文庫)

作家
結城 聖
いのまたむつみ
松竹 徳幸
出版社
集英社
発売日
2003-03-25
ISBN
9784086301183
amazonで購入する

テイルズオブデスティニー2〈3〉運命の果てに (集英社スーパーダッシュ文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

此処其処。

「役割を終えた歴史に、存在する意味などありません。失敗作だったのです。そこにはわずかな価値すらない…。消え去るのです、古き人々よ。悪しき歴史と共に」 「ふざけるな! 歴史はそんなに軽いもんじゃない! 一人一人が今を生きた、その積み重ねこそが、歴史なんだ!! それを失敗の一言で、片付けられてたまるもんか!! オレ達の歴史を、消させはしない! 消えるのはお前だ、――フォルトゥナッ!!」

2015/12/05

ジョン

ついにハロルドが出てきた! 原作をプレイしていて一番気に入っているキャラだったので、やっと出てきて嬉しかったです。本作では原作以上にハロルドの意志の強さなどが前面に現れており、改めてハロルドというキャラクターが好きになりました。 彼らは各自が思う幸せを手に入れたわけですが、現実に生きている私達が幸せを得るためには何が必要なのでしょうか。それを考えてみる良い機会となる作品でした。

2012/03/30

橘なつき

再読。天地戦争から最後まで。プレイ時は主人公CPのらぶらぶぶりにうへぇってなりながら進めてたけど、文章だとそう気にならなくて良い感じ。

2011/07/19

蘇芳

2003/03/26

感想・レビューをもっと見る