読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ニーナとうさぎと魔法の戦車 7 (ニーナとうさぎと魔法の戦車シリーズ) (スーパーダッシュ文庫)

ニーナとうさぎと魔法の戦車 7 (ニーナとうさぎと魔法の戦車シリーズ) (スーパーダッシュ文庫)

ニーナとうさぎと魔法の戦車 7 (ニーナとうさぎと魔法の戦車シリーズ) (スーパーダッシュ文庫)

作家
兎月 竜之介
BUNBUN
出版社
集英社
発売日
2013-02-22
ISBN
9784086307260
amazonで購入する Kindle版を購入する

ニーナとうさぎと魔法の戦車 7 (ニーナとうさぎと魔法の戦車シリーズ) (スーパーダッシュ文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Yobata

アンフレックの収穫祭を前に現れた瑠璃色の髪の少女シルヴィア。彼女はドロシーに母でありアーケシア帝国の女王だったソフィア殺害の罪を認めるよう勧告し、翌日ドロシーはキキと共に姿を消す。ニーナとアリスはドロシー達を追う決意をし、ドロシーとハイディマリーとの因縁を知る。果たしてドロシーの抱える秘密とは…。ついに語られるドロシーとキキの過去…だったけどハイディマリーの悪虐ぶりが凄すぎる。徹底的な人種差別主義者で虐殺,人体実験,特攻,クローンと命を命と思わない姿勢はまさに悪魔の所業…こんな徹底的な悪役は久々に見た。→

2015/06/14

ドル箱

感想。まずこの作品に注目出来るのは「書き方」です。これはラノべ調ではなく「小説」に近い書き方で今のライトノベル出版社(MW文庫を除く)の作家の中では恐らく5本指に入る(私個人)作家と見えました。但し、少し作家視点で書く処もあり、プロットの詰めの甘さもあり、編集も少し物足りない、これは経験をもっと積めば解決出来るでしょう。昔の橋本紡を見ている感覚を感じました。作品もラスト?へ向けて書いているのか?「成長」をテーマとした物語ですが、著者の成長も見てみたい。どう紡ぐのか楽しみに次巻を待つとしましょうかね。

2013/04/13

シンヤ

内容としてはなかなかのぎっしりと詰め込んであり盛り上がりました。が、やや全体的に安っぽい感じもしたのもあります、要素としては盛り込んでありますが、コンパクトにしすぎたかなと。まあ、それでいて楽しめたかなと思います。引きとしてもなかなかの盛り上がり具合で終わり、続きが気になりいい感じかなと。テーマ性としてはなかなか読ませるものがあります。それを描く登場人物の心理描写、個々の主義がしっかりとしており、それらがぶつかり合うところはいい感じです。ですが最適化しすぎて、地の分でやや牽引できなかった印象がありました。

2013/03/09

シュエパイ

狂った理想を掲げた亡国のお姫さまが、怨念をつのらせ、再び戦争の火種を呼び覚ます……。どんなことがあっても、くびなしの名にかけて殺させたくないのだと、2人が駆け付けたさきの結末が、あんな……(ノд<。)゜。 生きてるって信じたいけれど、なぁ・・・

2013/02/27

深夜の麦茶

かなり好きな作家の好きなりシーズなのだが、燃えというよりは説教臭さがやや気になる今作。不満の理由は明らかで、ドロシーさんとキキさんの過去話を全面的にやるべきだったというところに尽きる。それにしても、薄幸美少女とテーマの重さと、そしてなにより百合分を絶妙にバランスさせた一巻から四巻あたりは改めて再評価されるべきだと感じた次第。しかしラストは気になり、続刊が待たれる。

2013/03/28

感想・レビューをもっと見る