読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

君と僕の部屋 ~あの空でまだ君は待っている~ (集英社オレンジ文庫)

君と僕の部屋 ~あの空でまだ君は待っている~ (集英社オレンジ文庫)

君と僕の部屋 ~あの空でまだ君は待っている~ (集英社オレンジ文庫)

作家
みゆ
有村架純
出版社
集英社
発売日
2015-03-20
ISBN
9784086800129
amazonで購入する

君と僕の部屋 ~あの空でまだ君は待っている~ (集英社オレンジ文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ゴンゾウ

全編通して痛かったです。読んでいて辛くなりました。思春期に読んだらもっと感情移入できたのだろうか。

2018/11/01

れると

ケータイ小説かその延長的な? お父さんが亡くなったりして話はけっこうシリアスなのだけど、「私」(椎名美央、看護師)のキャラクター(考えていることなど)に少し可笑しみを感じるというか。「私」のことを好きでいてくれた元同級生の彰吾の設定もちょっと面白い。お父さんがカタギではなく(「私」はそのお父さんにも気に入られている)、有名な商社に勤めている彰吾も実は……みたいな。お母さんは元銀座のホステスなのに(?)おいしいハンバーグが作れるとか。設定が渋滞しているような…

2019/01/31

punto

もしかしたら中学生の頃に読んだら泣いていたのかも知れないけど、どうも純粋さを失って久しいせいか、誰にも感情移入出来ず、残念でした。結構省吾も煮えきらなくないか?うーん、何なのかなあ。とにかく、通勤中に読む本じゃなかった。車中で純愛ものはハードル高かったかも。

2016/04/27

bookshelf_yt07

【あらすじ】唯一の肉親の父を亡くし憔悴した美央は、恋人・景のところへ行くが、些細な言葉で景からDVを受ける。景のもとから逃げた美央に手を差しのべたのは、美央への思いを募らせる彰吾だった。結婚しているにも関わらず、彰吾は美央へ愛をぶつけるが、彼女は戸惑うばかり。【感想】読んでいてモヤモヤした。天涯孤独となり、恋人のDVから逃げていた美央へ彰吾は愛をぶつける。しかし、彰吾はメンタルが安定しない、さとこと結婚している。さとこと離婚しないのは同情ゆえか。優しさを履き違えていると思ってしまった。

2022/04/27

なつき

小説『君と僕の部屋 ~あの空でまだ君は待っている~』読了。な、なんて、傷の深い物語なんだ……冒頭から、くらくらするほどの傷。そして傷は癒されながらも深くなって結果的に増えていって、まあとにかく、それでいいの?と突っ込みたくなったりなんだりで、せつなくて、もうほんと傷の物語だなあ。

2017/05/06

感想・レビューをもっと見る