読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

書店男子と猫店主の平穏なる余暇 (集英社オレンジ文庫)

書店男子と猫店主の平穏なる余暇 (集英社オレンジ文庫)

書店男子と猫店主の平穏なる余暇 (集英社オレンジ文庫)

作家
ひずき優
坂口健太郎
出版社
集英社
発売日
2016-01-20
ISBN
9784086800570
amazonで購入する Kindle版を購入する

書店男子と猫店主の平穏なる余暇 (集英社オレンジ文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

佐島楓

最初に収められた短篇に、論理的な齟齬があるのが気になった。思えばこの物語、かなり残酷な話のような・・・。

2016/04/24

ダージリン

3つの事件がありましたが、どの話も人との関わりに重点が置かれてて、感情移入しやすかったです。そして賢人と美紅の恋愛未満の関係と、兄の馨の過去がやはり気になるのでした(笑)。猫店主ミカンのセリフ(鳴き声?)がとても良い~。

2016/05/09

よっち

人の夢を食べて吐き出す猫・ミカンが白昼夢で見せる過去の記憶を、ママレード書店でバイトする絵本作家・賢人が絵本にして問題を解決していく第二弾。友人の婚約者に対する複雑な思い、ボランティア内の複雑な関係、馨が昔お世話になった人の心残りなど、過去に囚われていた人には関係の再構築や、過去を精算したり真実を知ることが必要で、そんな人たちのために賢人が奔走したからこそ、新たな一歩を踏み出せたんですよね。一見平凡な賢人は不思議な存在感があって、訳ありな篠宮家の人たちからも着実に認められつつありますね。次巻も楽しみです。

2016/02/01

coco夏ko10角

シリーズ第2弾。設定に慣れたのか前作より楽しめた気がする。次巻があったら馨のことが色々わかるのかな。

2016/09/18

はな

二巻目。随分間が空いて読んだので忘れている部分もありました。漫画家さん、華やかな世界に踏み込んだら今まで大切に思っていた人を踏みにじる感じが、、、きっと本性が出てきて駄目になるのではないかなと。二話目は過去の記憶は引きずられ、嫌な記憶で色眼鏡で見てしまう。相手が反省しているのか、後悔しているかはわからない部分もあるし、なかなか赦せないのはわかるのでおそらく正解はないのかなと。三話目の思い合っていた2人が離れるのは、家族のため。だらしの無い人と妹を結婚させるぐらいなら、自分が犠牲になればよいという。

2020/03/22

感想・レビューをもっと見る