読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ゆきうさぎのお品書き 6時20分の肉じゃが (集英社オレンジ文庫)

ゆきうさぎのお品書き 6時20分の肉じゃが (集英社オレンジ文庫)

ゆきうさぎのお品書き 6時20分の肉じゃが (集英社オレンジ文庫)

作家
小湊悠貴
イシヤマアズサ
出版社
集英社
発売日
2016-02-19
ISBN
9784086800679
amazonで購入する Kindle版を購入する

ゆきうさぎのお品書き 6時20分の肉じゃが (集英社オレンジ文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Aya Murakami

ナツイチ2018対象本。 こういうアットホームなお店っていいですよね。初見さんは確かに入りにくいけど…。 そしてアットホームなお店がある世界にもネットやSNSが進出しているようです。匿名の悪意って怖い!作中では犯人さんは反省しているようでしたが、あれは絶対再犯しますよ。

2018/08/12

カメ吉

ほっこりとする作品でした。好きな感じの作品。どちらかといえば食べ物の描写より『ゆきうさぎ』という店を訪れる客のドラマがよかった。 店主の大樹とバイトの碧との関係もほのぼのとして今後の進展が楽しみです。シリーズもあと二作あるので楽しみです。

2017/05/16

yanae

気になってたシリーズ、一作目!思った以上によかったー!私好み★小湊さんも初読みです。食べ物屋さん系は元々大好きなんだけど、これもよかったです。祖母の小料理屋をついで二代目店主になった大樹。オープンした日から色んな縁があって先代からの常連や新しいお客さんに愛されるお店、ゆきうさぎ。店主が努力の人で先代の味も引き継いでるだけじゃなく、人の気持ちをくめる優しい人なのも愛される理由。読んでいて心地よい。タマとの仲も今後気になるところ。心が暖かくなるエピソードがたくさん。シリーズ化してるのも納得です。次も読みます。

2017/08/24

ナイスネイチャ

小さな街の居酒屋さん。拒食症だった女学生の碧がひょんな事から居酒屋でバイトする事になり、そこに集う常連客や向かいのケーキ屋との心暖まる物語。いい意味で捻りがなく王道食い物系。続編も積み読しているのでちょこちょこ読んでいきます。

2018/11/11

Noriko D

「誰かの気持ちが沈んでいるときは、心をこめて料理しよう。そして、そばにいるときは寄り添いたい。おいしいものを食べながら。」(本文より) 私も誰かを元気づけるために料理したくなる。

2019/08/21

感想・レビューをもっと見る