読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ゆきうさぎのお品書き 8月花火と氷いちご (集英社オレンジ文庫)

ゆきうさぎのお品書き 8月花火と氷いちご (集英社オレンジ文庫)

ゆきうさぎのお品書き 8月花火と氷いちご (集英社オレンジ文庫)

作家
小湊悠貴
イシヤマアズサ
出版社
集英社
発売日
2016-07-20
ISBN
9784086800945
amazonで購入する Kindle版を購入する

ゆきうさぎのお品書き 8月花火と氷いちご (集英社オレンジ文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

カメ吉

すごくホッとする作品でシリーズも2作目。キャラクターにも愛着がわき楽しめました。 『東京バンドワゴン』的な小さな事件と解決で人々の絆が深まって広がるホームドラマ。 心地良い読後感がたまりません。 続いて第三巻へ。

2017/05/22

yanae

ゆきうさぎシリーズ2弾。今回も素敵なお話でした。あっという間に読んでしまった。前作よりも、登場人物が固定して落ち着いたからか、物語も読みやすく、登場人物同士もより仲良くなった感じ。とはいえ、碧の友人達がでてきたり、新たな常連もできたり、まだまだ楽しくなりそう。碧の母親の昔の話も出てきて、いい人だったんだなぁとしんみり。ムサシと新入りコジロウ猫達も大活躍。大樹と碧の関係はいい感じででもくっつきすぎず。読み心地のいい一冊でした。次作も楽しみ!

2017/10/27

machi☺︎︎゛

家の積読本から表紙のカキ氷に惹かれて読了。今の季節にちょうどいい話。今回も角煮、ミンチカツ、様々な美味しそうな料理が出てきて改めてゆきうさぎ行きたいなー(❁´ω`❁)亡くなったお母さんの生前の話もあってほっこりした2巻だった。

2019/08/14

ゴンゾウ

シリーズ第2作。若い主人大樹が営む小料理屋「ゆきうさぎ」。この小料理屋に集う人びとの日常。特に大事件が起きるわけではない。故人の思い出、親子の衝突。そんな日常に起きる出来事が暖かく描かれている。普通の日常が幸せだと思わせてくれる。

2019/02/03

たるき( ´ ▽ ` )ノ

シリーズ第2巻。前作よりも更に美味しそうだったし、ほのぼのした気持ちにさせてくれた(*´∇`*)かなり好きな雰囲気の作品♪夏になったらかき氷食べなきゃ!

2017/03/27

感想・レビューをもっと見る