読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

下鴨アンティーク 白鳥と紫式部 (集英社オレンジ文庫)

下鴨アンティーク 白鳥と紫式部 (集英社オレンジ文庫)

下鴨アンティーク 白鳥と紫式部 (集英社オレンジ文庫)

作家
白川紺子
井上 のきあ
出版社
集英社
発売日
2017-12-14
ISBN
9784086801638
amazonで購入する Kindle版を購入する

下鴨アンティーク 白鳥と紫式部 (集英社オレンジ文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

SJW

シリーズ最終巻で、番外編として「アリスの宝箱」が出ている。今回は3つの短編から構成されており、最後の短編は今までと違って良鷹が中心となって殺人未遂になる大きな事件を解決していくが、緊迫した話の展開に引き込まれてしまった。鹿乃、慧、良鷹の3人のお互いを思いやる話をもっともっと読みたいが、その3人に加わる幸との暖かい話をもっと読みたい。京都や四季、着物、骨董、昔の人々の話に思いを馳せながら読み進めた本シリーズを、何年後かのストーリーとしてもっも読んでみたいと想うのは私だけではないだろう。

2018/10/15

れみ

鈴の音が聴こえる帯、桜が散る着物、藤の花が消えてしまった着物。鹿乃が祖母の芙二子から受け継いだ着物、最後のものは、最後にふさわしい持ち主と経緯のものだったし、やっぱり野々宮家はその血を引いた人もお嫁に来た人も女性がすごく強いとあらためて感じる。良鷹が主人公の表題作は彼らが関わることになった家の人たちがくせ者揃いでどうなるかと思ったけど未来を感じさせるラストになっていてホッとした。この巻で本編終了で番外編としてまた読めるみたいなので、どんなお話になるのか楽しみ。

2018/02/10

さくらさくら

本編はこれで終了。今現在生きている私達には必ず何千年も繋がっている祖先がいる。繋がって受け継がれていく。それは今後も続いていく。ってこの作品を読んで思った。

2018/11/20

ううち

第7弾。読み終えてしまった…。 今回も変わらず素敵な装丁で、3人の作るご飯も美味しそう。良鷹さんは鹿乃ちゃんに続き少女のお世話をする運命なのか。幸ちゃんの髪の毛を結い直すシーンが好き。着物はもっともっとあるのかと思っていたのに、ちょっと寂しくなりました。もう一冊あるようなので楽しみ。

2018/08/09

かめちん

シリーズ7作目。本編最終章。着物の謎解きも最後になり鹿乃たちの先祖の想いが受け継がれいく。 シリーズを通して、着物の謎解きにいろいろな文学などを絡めてあるので興味深く読めた。面白かったです。終わるのは残念ですが、春に番外編がでるようなので楽しみです。

2018/01/21

感想・レビューをもっと見る