読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ゆきうさぎのお品書き 祝い膳には天ぷらを (集英社オレンジ文庫)

ゆきうさぎのお品書き 祝い膳には天ぷらを (集英社オレンジ文庫)

ゆきうさぎのお品書き 祝い膳には天ぷらを (集英社オレンジ文庫)

作家
小湊悠貴
イシヤマアズサ
出版社
集英社
発売日
2017-12-14
ISBN
9784086801645
amazonで購入する Kindle版を購入する

ゆきうさぎのお品書き 祝い膳には天ぷらを (集英社オレンジ文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ゴンゾウ

大樹と碧の関係が初々しくてよいですね。新しい仲間のエピソードが多くおもしろかった。最後に行き着くのはおいしい料理をだすゆきうさぎ。最後に不穏な動きが。

2019/12/11

山本真一郎

読了。シリーズはもう5冊目。相変わらず読み易いのでさらりと読めてしまった。シリーズ第1作目を読んだ頃に比べると作品の評価が自分の中で上がっている。登場人物の関係性にアレコレと変化が出てきた事も面白いし、空腹時に読んでしまったせいなのか、何より料理の描写が強烈だった。ふわトロの親子丼、デミグラスソースの香り漂うビーフシチュー、天ぷら定食とどれも飯テロの名に相応しいインパクト。さて前巻でシリーズが結着しそうな印象を持ったものの、それを否定する様に不穏な印象のラストだった。こうなるともう次巻が楽しみでならない。

2018/03/19

野のこ

「玉木さんは雪村さんのこと好きですか?」どストレートな問いかけにやっと一歩踏み出そうとするタマちゃん。またもや気になるところで終わる〜。今回は新しいバイトのスズちゃんの息子くんのお母さん想いに胸がギュッとなった。桜屋のアボカドを練り込んだベイクドチーズケーキめっちゃきになった。それと柚子のグラタンも!今住んでる家の庭に柚子の木があって落ちた実をもらって柚子味噌しました。表紙の天ぷら御膳に添えたお花はなんだろ?って思ってたらなるほどお祝いのコサージュやね♪

2019/10/30

yanae

ゆきうさぎ5冊目。前作で大樹が碧への気持ちを認識したためか、今作は、恋愛要素が多めの1冊♡とはいえ、相変わらず出てくるご飯は美味しそうで、幸せな気持ちになります。就職が決まって辞めたミケさんの後任のスズさん。スズさん親子の話はなんだかジーンとしてしまいました。スズさんが素敵な人で、お店でも活躍してくれてほっとしました。大樹のライバル(笑)は今後またちょっかいをだしてくるのか?!そして、何よりも最後が気になる…。気になる…。いったいどういう展開に?続きが早く読みたいです。

2018/10/26

papako

ゆきうさぎをミケさんが卒業。そして新しい仲間がやってきて、ちゃくちゃくと季節は進む。そして、とうとうか!?と思ったら不穏な終わり方。さてさてどうなる?

2018/11/18

感想・レビューをもっと見る