読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

後宮の烏 3 (集英社オレンジ文庫)

後宮の烏 3 (集英社オレンジ文庫)

後宮の烏 3 (集英社オレンジ文庫)

作家
白川紺子
香魚子
出版社
集英社
発売日
2019-08-21
ISBN
9784086802673
amazonで購入する Kindle版を購入する

「後宮の烏 3 (集英社オレンジ文庫)」のおすすめレビュー

シリーズ累計30万部突破! 意外な人の過去も明かされ、ますます謎と波乱がひしめく『後宮の烏』第3巻

『後宮の烏(集英社オレンジ文庫)』(白川紺子/集英社)

 どんなに愛情を注がれても、胸の奥底に欠けている部分が埋まることはないだろう――そんな諦念を抱いて孤独に生きてきた少女・寿雪の“烏妃”としての運命を描いた小説『後宮の烏(集英社オレンジ文庫)』(白川紺子/集英社)。謎が謎を呼ぶ中華風世界を背景に語られる幻想譚はまたたくまに人気となり、シリーズ累計30万部を突破した同作、最新3巻でも思いもよらぬ真実と裏切りが展開していく。

 烏妃とは、後宮で生きながら決して夜伽をすることはなく、皇帝でさえかしずかせることのできない存在。しかも寿雪は、抹殺を命じられている一族の出。母を殺され、絶望にくれていたところを次の烏妃と見いだされ、王宮に連れてこられた。先代の烏妃・麗娘は愛情をもって寿雪を育ててくれたけれど、侍女さえおいてはならぬ、孤独に生きねばならぬと厳しく言いつけ、この世を去った。だが、現皇帝・高峻との出会いをきっかけに、物語は動き出してゆく。

 高峻もまた、母と友を殺された憎しみを抱いて生きてきた、孤独な男だ。決して近づいてはならぬと言われていた烏妃と皇…

2019/8/31

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

後宮の烏 3 (集英社オレンジ文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

enana

深いふかい海の底、夜のしじまに横たわり、わたしはずっと待っている。

2019/08/27

kou

今回も面白かった!3巻目にもなると、高峻と寿雪の関係も安定感があり、絆の深さを感じた。それにしても、登場人物が増えて、人間関係も複雑になってきた気がする。次の巻では人物相関図がついている事を期待したい(笑)。それにしても、温螢は発言も行動も男前な上に、寿雪への忠義を貫く姿は素晴らしすぎる!!次の巻での活躍も期待したい。

2020/01/13

れみ

シリーズ3作目。今回初めて登場人物紹介や地図などの資料付きになり、とくに地理関係がイメージしやすくなったのが嬉しい。主な登場人物同士の思いがけない関係、烏妃を烏から解放する方法(それでいて冬の王を失わず、国土が戦火に焼かれる混乱を招かない方法)、新たに物語に登場した重要そうな人物。今後の展開・結末に影響しそうな要素が満載。ますます続きが気になる…!

2019/10/17

南北

シリーズ3作目。本巻から世界図・霄国図などがつきました。いつも通りさまざまな怪異が淡々と語られていく中で鶴妃の実家である沙那賣家と八真教が何やら怪しげな動きを見せたり、新たな護衛の淡海が加わったり、寿雪の出自が一部明らかにされたりしていきます。寿雪の年相応の反応が垣間見えたり、寿雪に対して衛青がどうしてあのような態度をとるかについては楽しく読めました。雨の日に読むのにいい本ですね。

2019/10/14

りー

前王朝と烏妃、初代烏漣娘娘と現王朝初代皇帝、旧い神と新しい神、様々な謎が深まり、また収束への道が垣間見えた第3巻。ぎゅっと詰まった内容でした。寿雪が儚くていじらしくて本当に可愛いらしい。これは高俊じゃなくても大切にしたくなるなぁ。意外な人との意外な関係も明かになり、思いもかけない人に次巻スポットがあたりそう。読者として色々忘れている事もあったので、次巻が出る前には読み直しをした方が良さそう。続きを楽しみに待ちます♪

2019/08/24

感想・レビューをもっと見る