読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

わたしのお人形 怪奇短篇集 (集英社オレンジ文庫)

わたしのお人形 怪奇短篇集 (集英社オレンジ文庫)

わたしのお人形 怪奇短篇集 (集英社オレンジ文庫)

作家
瀬川貴次
出版社
集英社
発売日
2020-07-17
ISBN
9784086803311
amazonで購入する Kindle版を購入する

わたしのお人形 怪奇短篇集 (集英社オレンジ文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ネムコ

瀬川ことび名義の角川ホラー文庫の短編集が好きだったので、本屋で見かけて即買いしました。表題作良いですね。引越しした部屋の天袋にぽつんと置き忘れられていた市松人形。その日から子供の足音が聞こえ、自分のものでない長い黒髪が落ちていたり、ついには金縛り&にたりと笑う市松人形! ここまでならよくあるホラー話。瀬川さんはここからの振り切りっぷりがスゴい❗ 賛否両論あると思うけど、私は好きです💕 六つあるお話それぞれ愛がある。怖い話が苦手な方にも読んでほしいなぁ。

2020/08/13

しましまこ

ホラー系は苦手なんだけど作家買い、怖い表紙で結構放置しちゃった短編集。「わたしのお人形」お人形が鳴くんだよ。泣くんじゃなくて鳴く。ブモーッ!最っ高!!「廃団地探検隊」一夜の恐怖体験かと思えば、年に一度の特別な夜に。にっこりほっこり、良かったー。

2020/08/23

てんつく

表題作の途中までジワーっと怖くさせといてからの、あの展開。ギャップに笑うしかない。怖くて楽しい一冊でした。

2021/01/20

くろねこ

表題作が1番瀬川ことび作品ぽくてすき♡ あとは『廃団地探検隊』のエモさもとてもことび氏寄りで好み。 もっとあの感じが読みたいなぁと思ったけど、それ以外のコメディ要素なしのパターンも愉しめてよかった☺️ マリアンヌと市松ちゃんが可愛くてもっと読みたかったなー。。

2020/11/29

うなぎ

軽く読めながらも見た目が派手目な怪異が多い短編集。表題作とその続編が最高。絵面が強烈すぎて何回も読み直したくなるノリ。むしろ世にも奇妙な物語で実写ドラマ化してほしい、フランス人形と市松人形の夢のコラボ話。思わぬ鳴き声でびっくり。これからジュモーをみる目が変わりそう。最後のインフェルノって短編は昔のコバルト文庫を思わせる、まさかの濃いエロ描写。怪物よりエロエロ場面が強烈。

2020/10/23

感想・レビューをもっと見る