読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ホテルクラシカル猫番館 横浜山手のパン職人 4 (集英社オレンジ文庫)

ホテルクラシカル猫番館 横浜山手のパン職人 4 (集英社オレンジ文庫)

ホテルクラシカル猫番館 横浜山手のパン職人 4 (集英社オレンジ文庫)

作家
小湊悠貴
井上 のきあ
出版社
集英社
発売日
2021-04-20
ISBN
9784086803755
amazonで購入する Kindle版を購入する

「ホテルクラシカル猫番館 横浜山手のパン職人 4 (集英社オレンジ文庫)」のおすすめレビュー

横浜山手の洋館ホテルで、おいしさあふれるひと時を。女性パン職人の成長を描くお仕事×グルメ×恋愛小説

『ホテルクラシカル猫番館 横浜山手のパン職人』(小湊悠貴/集英社)

 香ばしいパンの匂いが、ページから立ちのぼってくる。バターをたっぷり折り込んだサックサクのクロワッサン、噛むたびに小麦の旨味が広がるフランスパン、新鮮な果物をたっぷり使ったデニッシュ──。

 小料理屋を舞台にした「ゆきうさぎのお品書き」シリーズでは、味の染みた肉じゃが、いくらを乗せた鯛茶漬けなど、“和”のごはんを軸にしたハートフルストーリーを描いてきた小湊悠貴さん。新シリーズ「ホテルクラシカル猫番館 横浜山手のパン職人」(小湊悠貴/集英社)は、前作から一転、“洋”のおいしさにあふれた物語だ。主人公は、23歳の女性パン職人・高瀬紗良。横浜山手の洋館ホテルで働き始めた彼女が、パン作りや接客、スタッフとの交流を通して成長していく姿が描かれる。

 紗良は、これまで何人もの政治家を輩出してきた旧家のお嬢様。祖父母や母は「仕事なんてする必要ない」と箱入りのまま育てようとするが、紗良は反対を押し切って、あこがれのパン職人に。しかし、就職先のパン屋の店主である師匠が病に倒れ、23歳にして職を失ってし…

2021/4/20

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

ホテルクラシカル猫番館 横浜山手のパン職人 4 (集英社オレンジ文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ツン

プロローグに、将来を誓いあった人がいます?!えっ?3巻読むの忘れていた?と思ったら大丈夫でした、、、要さんの心を悩ましているのは誰なのか?ひょっとするといとこ?などなど。今回もおもしろかったです。あと、ゆきうさぎネタも嬉しい。

2021/04/24

ponpon

横浜山手にあるという美猫マダムがお客様をお迎えするホテル猫番館。ホテルで働く皆様と兄弟姉妹との関わりを描く4編の短編。やはり紗良ちゃんと兄を描く一泊目が良い。せっかく要さんと口裏合わせをしたのに嘘を突き通せない紗良ちゃんもだが、兄ちゃんはもっと良い奴だった。三泊目でのオーナー綾乃さんと姉・真弓さんも妬みで不仲だが、そうはならないのが猫番館の良いところ。穏やかな雰囲気が漂い、こんな方々が運営するホテルならば心地良く過ごせそう。なかなか進展しない要さんと紗良ちゃんだが最後の一文が思わせぶり。次巻が待ち遠しい。

2021/04/26

よっち

鎌倉の実家に帰った折、見合い話を断ったことを兄の冬馬に責められ嫌味まで言われた紗良。彼女がつい相手がいると言い返した後日、冬馬が猫番館に宿泊の予約を入れてくる第四弾。架空彼氏役を依頼する紗良に要が出した条件、冬馬が婚約破棄した理由、留学から帰還した要の妹・結奈、プチ家出をしてきた綾乃の姉・真弓、天宮と兄の関係。紗良の仕事に真摯に向き合う姿勢がいい影響を与えていて、相変わらず美味しそうな食事やほんわかするエピソードでしたけど、やはり周囲も期待する要と紗良の今後が気になりますね。要の事情が少し気になるところ。

2021/06/06

たるき( ´ ▽ ` )ノ

シリーズ第4巻。今回は兄弟エピソードが豊富で、それぞれの背景がより詳しくわかって身近になった。大好きなメロンパンも登場し、うっかり買いに行っちゃった(*´∀`*)

2021/05/06

えみちゃん

大好きな「猫番館」シリーズの第4弾です。ひさしぶりに実家に帰ったところ苦手にしている兄、冬馬に遭遇⁉笑っ。お互いに触れられたくないところに触れてしまったようで、売り言葉に買い言葉。その場の勢いで「相手ならもういます」と宣言してしまった紗良ちゃん!その場限りの話だと高をくくっていたのに、冬馬が宿泊予約を入れたことにより急遽彼氏のフリを要さんにお願いすることのなるのですが・・。なるほど。なるほど。普段苦手とする相手でも宿泊客となれば話は別。少しでも快適に過ごしてもらおうと気配りする姿は彼女らしく好感が持てます

2021/05/09

感想・レビューをもっと見る