読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

あいのかたち マグナ・キヴィタス (集英社オレンジ文庫)

あいのかたち マグナ・キヴィタス (集英社オレンジ文庫)

あいのかたち マグナ・キヴィタス (集英社オレンジ文庫)

作家
辻村七子
くろのくろ
出版社
集英社
発売日
2021-05-20
ISBN
9784086803816
amazonで購入する Kindle版を購入する

あいのかたち マグナ・キヴィタス (集英社オレンジ文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

カナン

拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。さて、滅びの季節を見事生き残った超超超ラッキーなキヴィタスの皆様、そろそろこの世界の絡繰にも失望し始めた頃でしょうか。ファッキュー、天候管理型AIによって偽りの日光を享受し濫費する全ての生きとし生ける皆様へ、情動領域のメモリと人格バックアップと引換に、今はただ貴方方が健やかに生きた後、この惨く醜くもいとおしい地獄に落ちてくるオワリとサイゴをココロよりお待ちしております。敬具 近く遠い貴方方の隣人より 普くAIしAIされるために存在する遠くとも近い貴方方へ

2021/05/26

よっち

大変動で北半球がほぼ全滅し、海洋の3割は毒と化した世界。2億近い人類とその隣人として造られた数千万のアンドロイドが暮らすマグナ・キヴィタスを舞台とした「あい」を問うSF短編集。人生に倦んだ祖父に孫が預けた保証期間も切れた調子外れのアンドロイド、アンドロイドが助けた事故で240キロ徒歩の旅を余儀なくされた男など、アンドロイドが当たり前にある世界で、人の醜さを突きつけられる展開にはいろいろ考えさせられましたけど、前作にも登場していたキーマン二人の再登場からいろいろ繋がってゆくその結末はなかなか印象的でしたね。

2021/06/30

あっこっこ

今作は前作の世界観を引き継ぐ短編集ということでしたが、よりこの世界の細かい設定を理解し味わえるものでした。見慣れた名前からちらほら出てくる、、ついニンマリしながら相関関係を頭の中で構築し、推測しながら読み進めました。結論、よかった!

2021/07/08

ベル

命、感情、人、アンドロイド、AH、すべてあい。 人間があまりに命や肉体に合理的過ぎて寂しく感じた反面、人でない個体の持つ作られた情動領域からの感情は人間のそのもので、とても愛しかったです。まぁ結局人間も、どうしたってあいなんだけど。それぞれのあいのかたち、タイトル通りでした。 あの2人に会えて嬉しい。あの2人を愛してるから、「死」がなくても2人にずっと幸せでいてもらいたいと思うと切なくもなります。

2021/06/13

N!LL

アンドロイドが当たり前に暮らす世界。アンドロイドの感受性が高まり、一方で人間の感受性は低くなったていると感じた。人間に作られるアンドロイドも培養から生まれる人間も少しずつ違いがなくなっている気がする。 アンドロイドや天才達の人造人間が発達することは世界の希望であるはずなのに、物語の登場人物は皆『寂しい』を抱えているよう。自分の感じる気持ちの名前が分からないけど、頑張って生きてる姿が良いなぁと思う。

2021/05/30

感想・レビューをもっと見る