読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

後宮の烏 7 (集英社オレンジ文庫)

後宮の烏 7 (集英社オレンジ文庫)

後宮の烏 7 (集英社オレンジ文庫)

作家
白川紺子
香魚子
出版社
集英社
発売日
2022-04-21
ISBN
9784086804417
amazonで購入する Kindle版を購入する

後宮の烏 7 (集英社オレンジ文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

みっちゃん

え、えぇっ、これで終わりなのかい…神々の戦い、例の一族、壮大に広がった物語世界の顛末は大事だけれど。私にとってのこのシリーズの一番の見どころは、あの二人がどうなるか、であったから。途中からはもう、最初期待していたような、結ばれてハッピーエンド、ってのはないだろう、とはわかってきたけれど。あのラスト4行だけでそれで終わりって、それはちょっと寂しすぎるんでないかい…

2022/05/07

南北

寿雪は呪縛から解放されたし、物語もきれいに終わったというのが読み終わった直後の印象だった。高峻と花娘を始めとする多くの妃たちとの不安定に見えた関係も解消されて良かったと思う。もはや神の声を聞くことができなくなった寿雪のその後を読者の想像に委ねてくれたのは好感が持てた。7巻で終わってしまったのは残念だが、今年(2022年)の10月から始まるアニメに期待したい。著者の本は下鴨アンティークから読み始めたが、新著が出たら読んでみたいと思う。

2022/05/20

みよちゃん

とうとう最終巻に。さなめの三兄弟の行く末、烏の最後、寿雪の選択〜自由になってやる事 盛り上がりに欠けた様に思われるのは、高峻との思いが淡白すぎたから?もう何回か読まねば!

2022/04/22

mint☆

終わってしまった…。シリーズ最終巻でした。寂しいけどホッとした。終わってみたら寿雪と高峻の関係もこれがベストだったなと思う。温かい気持ちになれるラストで良かった。機会があれば始めから通しで読んでみたいと思う。

2022/08/27

佳乃

なんかあっさりと終わってしまったって感じ・・・

2022/04/30

感想・レビューをもっと見る