読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

時をかける眼鏡 宰相殿下と学びの家 (集英社オレンジ文庫)

時をかける眼鏡 宰相殿下と学びの家 (集英社オレンジ文庫)

時をかける眼鏡 宰相殿下と学びの家 (集英社オレンジ文庫)

作家
椹野道流
南野ましろ
出版社
集英社
発売日
2022-09-16
ISBN
9784086804691
amazonで購入する Kindle版を購入する

時をかける眼鏡 宰相殿下と学びの家 (集英社オレンジ文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

よっち

遊馬たちの活躍でどうにか食い止められたマーキス島を脅かした疫病の流行。人智を越えた災難に対して国王のロデリックが自国があまりに小さく無防備であることを痛感する第九弾。疫病騒ぎで封鎖された集落で、遊馬やフランシスが子供たちに行った授業の評判が良かったことに触れ、学び舎の設置の命を下すロデリック。教師となるハンナを連れて集落に向かった遊馬とクリスが直面する思いもよらぬ問題。どこにでも根拠のない差別はあるものですけど、こういうのは地道に解決してゆくしかないんですよね。しかしフランシスの意外な一面は良かったです。

2022/11/17

るぴん

久しぶりの「時をかける眼鏡」。今作のテーマは教育と差別と偏見。疫病で全滅した村でたった1人生き残った人間に対する差別。奇跡の子として崇められる場合もあれば、呪われた子として蔑まれる場合もあるんだ…。今回もアスマの法医学はほとんど出番がなかったけれど、マーキス王家が推し進める国づくりは一歩前進したようだ。宰相フランシスが一目惚れとは意外だったな〜。

2022/09/25

ごいんきょ

新たな展開が始まったようです。

2022/12/05

てんつく

フランシス殿下が最後に美味しい所持っていったな〜。上手くいくとイイですね~。

2022/11/18

さくさくと♪このシリーズ、ちと飽きてきたかも…。ノロワレより、持ってるって考え方の方が普通なのでは?

2022/10/30

感想・レビューをもっと見る