読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

おいしいコーヒーのいれ方 Second Season IX ありふれた祈り (JUMP j BOOKS)

おいしいコーヒーのいれ方 Second Season IX ありふれた祈り (JUMP j BOOKS)

おいしいコーヒーのいれ方 Second Season IX ありふれた祈り (JUMP j BOOKS)

作家
村山由佳
結布
出版社
集英社
発売日
2020-06-19
ISBN
9784087034974
amazonで購入する

おいしいコーヒーのいれ方 Second Season IX ありふれた祈り (JUMP j BOOKS) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

よしりん

前作から7年…なんで勝利が帰国したのかすっかり忘れてた😅(さすがにオーストラリアに行った理由は覚えてたけど) 最後まで勝利が全く魅力的に思えずただただ周りの人の優しさだけがこのシリーズのよさだったように思う。

2020/08/23

keith

間が空きすぎて、主人公以外の人間関係や何があったのか細かいところがよくわからんまま読了。

2020/08/20

ざるめ

はぁ~終わった~( ´Д`)最後までJブックスで読めて、とても嬉しい( ゚∀゚)♪どうなっちゃうんだろう?(T0T)と思い続けていた生活ともお別れ(^^)♪無理矢理にでも日本へ帰って、けじめをつけたショーリは偉い!その後またひと波乱あってヒヤッとしたけれど、この先はもう皆で幸せに向かって突っ走るのみ!\(^o^)/

2020/07/31

Makoto Yamamoto

久しぶりの村山由佳。 最終巻とは知らずに読み始め、ショーリの行動にいらいらしながら、読み進めると色々分かってきた。 いい感じの青春小説だった。 この種のテーマも久しぶりではあるが、大いに楽しめた。 さすが村山さんだと思った次第。 次は初巻から読み直しと思う。

2020/09/29

とし

感想というよりは呟き。まず文庫本ではなくて、Jbooksで出してもらえるのは本当にありがたい。そして前作から6年。1作目からは四半世紀。いつの間にか登場人物達よりも歳を重ねた訳で。たぶん、これ以上の終わりかたはなかったのかもなぁ、と思う。変な話だけど、最後まで書ききってくれて著者には感謝。ありがとう。

2020/06/26

感想・レビューをもっと見る