読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ONE PIECE novel HEROINES (JUMP j BOOKS)

ONE PIECE novel HEROINES (JUMP j BOOKS)

ONE PIECE novel HEROINES (JUMP j BOOKS)

作家
尾田栄一郎
江坂純
諏訪さやか
出版社
集英社
発売日
2021-06-04
ISBN
9784087035100
amazonで購入する Kindle版を購入する

ONE PIECE novel HEROINES (JUMP j BOOKS) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Ken D Takahashi

とある島で靴を買い物したナミ、革命軍と行動を共にしていたロビン、レヴェリー直前のビビ、突然ゾロが目の前に現れたペローナ…それぞれ 連載にはなかったエピソードが語られます。「ワノ国」が佳境に入った昨今ではありまが、こんなスピンオフは大歓迎であります。元々は「ワンピースマガジン」に掲載されていたものですが、こうやって単行本で読むのも嫌いではありません。

2021/06/13

sukesuke1202

ワンピースの世界観の中に、現実の私達のような日常があることを見せてくれてすごく優しい気持ちになりました。たくさんいる素敵なヒロイン達の中でも人気のキャラを取り巻く日常。ある時期のある数日間だけをフォーカスしていますが、ヒロインに関係する周辺のキャラ達、仲間だったり、深くないけれどもお互い気にする者同士など関係は様々だけど、相手を想いやった中での行動がそれぞれ出ていて、形はどうあれお互いが繋がっているということを教えてくれる。原作の「仲間だぁーー!」とは違う温かさをもらいました。

2021/06/06

ゆうひ

人気ヒロイン達を主人公とした、戦いのない微笑ましい一幕。何よりペローナのお話がかわいらしい。シッケアールの日常なんて、ずっと読みたかったものじゃないか。ミホーク、ペローナ、ゾロ。くまがいなければ、この三人がこんな家族のような関係を築くことはなかっただろう。みんな仲良さげで本当にかわいらしかった。

2021/11/27

のの

本家「ONE PIECE」に心躍らせた方の中でも、とりわけフェミニンなテイストが好きな人にお勧めしたい1冊。文章にもイラストにも、しなやかに生きるキャラクターの女性らしさが詰まっています。ビビ王女とアラバスタ王国が、これからも幸せでありますように…!巻末のエクストラエピソードは、ちょっと意外な主人公。

2021/07/07

感想・レビューをもっと見る