読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

東アジアの危機 「本と新聞の大学」講義録 1 (集英社新書)

東アジアの危機  「本と新聞の大学」講義録 1 (集英社新書)

東アジアの危機 「本と新聞の大学」講義録 1 (集英社新書)

作家
一色清
姜尚中
藤原帰一
保阪正康
金子勝
吉岡 桂子
出版社
集英社
発売日
2014-07-17
ISBN
9784087207453
amazonで購入する

東アジアの危機 「本と新聞の大学」講義録 1 (集英社新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

壱萬弐仟縁冊

姜尚中教授によると、世界はグローバリズム、リージョナリズム、ナショナリズム、ローカリズムがねじれ、共鳴し合ったりしながら、絡み合っているという(18頁)。私が大学院の受験をしたときの論文テーマが、このようなテーマであったことを思い出した(1996年時点)。今でも問われるテーマというのが世界の本質的課題と理解されよう。藤原帰一教授によると、軍縮は望ましいが、弱い側に反発を起させ、政策を攻撃的にしてしまうとのこと(76頁)。この視点は私にはなかった。

2014/10/11

清作

本書は、不穏な東アジア情勢を踏まえて、日本は今後どうなる(どうする)のかを六人の識者が講義したものをまとめたもの。中でも保阪氏の講義の内容に共感・賛同するところが多かった。私も首相である安倍氏の「美しい国」「強い日本」という曖昧な言葉を多用し、その言葉に酔っているにさえ見える人間が首相の座にいることに危機感を抱いているし、彼の歴史観は都合の悪いことは隠蔽し、戦後の政治を否定しているような気がしてならない。保阪氏が言うように安倍氏は“戦間期”を作ろうとしているのではないかと思う。

2014/08/13

みっちゃんorみこ

もっと知らなければならないと感じた。特に、世界経済と国際政治の中の日本についての金子勝氏の講演は、経済が苦手な自分にもわかりやすく、興味深かった。「グローバルスタンダード」に対抗する「分散ネットワーク」に期待したくなる。姜尚中氏、藤原帰一氏、保阪正康氏の冷静な論調は以前から支持していたものだ。全体として希望が持てるような、やっぱり持てないような、そんな気分にさせられた。

2014/12/10

かおり

保阪正康さんの講演で、特攻機の整備士をされていた方の話が出てくる。「行ってきます」と国の為に特攻隊として出陣する人の気持ちが、私にはどうしても理解できなかったけど、この話を読んで、戦争が美化されてるんだな、と思ったのと同時に、どれだけ残酷なことをこの国は国民に強いてきたんだろうと、思った(日本人以外にも、か)。あとは一色清さんのネットとオールドメディアの話も興味深かった。

2014/10/21

たむ

左寄りの印象

2016/04/12

感想・レビューをもっと見る